ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2014年 > 農観連携の推進協定を締結しました!
ページ本文

農観連携の推進協定を締結しました!

印刷用ページ

最終更新日:2014年1月17日

 農林水産省と観光庁は、農山漁村の魅力と観光需要を結びつける取組を推進し、農山漁村の活性化と観光立国の実現を図るため、「農観連携の推進協定」を締結しました。
 本件は、農林水産省においても、同時に発表しています。

1 趣旨・目的
 「和食」のユネスコ無形文化遺産登録や、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の東京開催決定を機に、日本への関心の高まりや訪日外国人旅行者の増加が見込まれる中、農林水産省と観光庁との連携による相乗効果により、我が国の農山漁村が有する魅力で国内外の観光客を惹きつけ、活力ある農山漁村の構築や各地域及び日本のブランドの確立を目指し、観光立国の実現を図るものとします。

2 当面の課題
1.農林漁業体験等のグリーン・ツーリズムと他の観光の組合せによる、新たな観光需要の開拓
2.森林浴やアウトドアスポーツ等、森林を活用した観光の振興
3.国産農林水産物・食品、木工品等を活用した観光地域の魅力の向上
4.地域の多様な食文化、世界農業遺産(GIAHS)、歴史的木造建築物等、我が国の農山漁村の有する地域資源についての発信の強化
5.訪日外国人旅行者を農山漁村へ呼び込むための地域資源の発掘・磨き上げ、受入環境整備やプロモーションの推進
6.農山漁村を訪問・滞在する旅行者についての調査・分析に基づく施策の検討

このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光地域振興部 観光地域振興課 菅野(すがの)
代表:03-5253-8111(内線27705)