ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2015年 > 観光ビッグデータを活用した訪日外国人旅行者の行動・ニーズ調査を開始します
ページ本文

観光ビッグデータを活用した訪日外国人旅行者の行動・ニーズ調査を開始します

印刷用ページ

最終更新日:2015年5月1日

 訪日外国人旅行者数2000万人の達成に向け、官民をあげて各種施策に取り組んでいるところですが、 観光庁では、訪日外国人旅行者のより詳細な動態や嗜好を調査分析し、今後の施策推進に資することと しています。
 今年度調査の皮切りとして、本日より順次春期(5月)の調査を開始します(夏期、秋期、冬期 も同様に実施予定)。
 調査分析結果は適宜、地方公共団体や観光関係者に公表予定です。
 

○Twitter等のSNS情報の訪日外国人旅行者意識分析 ・Twitter等のSNS情報を収集・分析し、訪日外国人旅行者の興味・関心や、満足度あるいは今後改善すべき受入体制等について抽出する。

○併せて携帯端末のGPS地図アプリにより、同意をいただけた訪日外国人旅行者の 位置情報を5月中旬(予定)以降に収集し、日本全体のマクロな動態や大都市・地方部等におけるミクロな動態等を分析する。
このページに関するお問い合わせ
【お問い合わせ先】
観光庁 観光地域振興部 観光地域振興課
      御手洗(みたらい)、目黒(めぐろ)、小泉(こいずみ)
      電話:03-5253-8111(代表) 内線:27-709
         03-5253-8327(直通) FAX:03-5253-8930