ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2016年 > 「観光立国ショーケース」として3都市を選定
~訪日外国人旅行者を地方へ誘客するモデルケースに~
ページ本文

「観光立国ショーケース」として3都市を選定
~訪日外国人旅行者を地方へ誘客するモデルケースに~

印刷用ページ

最終更新日:2016年1月29日

○観光庁は、1月29日、「日本再興戦略 改訂 2015」に基づき、訪日外国人旅行者を地方へ誘客するモデルケースを形成する取組である「観光立国ショーケース」として、北海道釧路市、石川県金沢市、長崎県長崎市の3都市を選定いたしました。
 観光立国ショーケースは、「日本再興戦略 改訂2015」(平成27年6月30日閣議決定)に基づき、多くの外国人旅行者に選ばれる、観光立国を体現する観光地域を作り、訪日外国人旅行者を地方へ誘客するモデルケースを形成しようとするものです。(プレスリリース:別添1)
 これについて、平成27年11月19日から12月14日にかけて、提案の募集を行い(プレスリリース:別添2)、全国10都市から応募がありました。
 これを踏まえ、有識者からなる観光立国ショーケース検討委員会(座長 石田東生 筑波大学システム情報系社会工学域教授)の意見をお聴きし、今般、以下の3都市を観光立国ショーケースとして選定することといたしました。
 今後、上記3都市における観光資源の磨き上げ、ストレスフリーの環境整備、海外への情報発信などの取組に対して、関係省庁が連携した施策の集中投入により支援し、多くの訪日外国人旅行者に選ばれる、観光立国ショーケースの形成を図ってまいります。
 なお、選定に係る評価(プレスリリース:別添3)、選定都市の概要(プレスリリース:別添4)についてはプレスリリースをご覧下さい。選定都市からの提案等については上記の都市をクリックしてご覧下さい。
このページに関するお問い合わせ
国土交通省 観光庁 観光地域振興部 観光地域振興課
電話:03-5253-8328( 担当:平林・村岡)