ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2017年 > 観光立国ショーケース3都市における具体的な実施計画が策定されました~ 訪日外国人旅行者を地方に誘客するモデルケースの確立に向けて ~
ページ本文

観光立国ショーケース3都市における具体的な実施計画が策定されました~ 訪日外国人旅行者を地方に誘客するモデルケースの確立に向けて ~

印刷用ページ

最終更新日:2017年3月31日

○観光立国ショーケース3都市(北海道釧路市、石川県金沢市及び長崎県長崎市)において、このたび、「日本再興戦略 改訂2016」に基づき、訪日外国人旅行者の地方への誘客のモデルケースを形成するための実施計画が策定されましたので、お知らせします。
○当該実施計画は、観光資源の磨き上げ、ストレスフリーの環境整備、海外への情報発信等様々な内容からなっており、今後、関係省庁が一層の連携を取りつつ、優先的に支援を行い、観光立国ショーケースの形成を促進してまいります。
 観光庁では、「日本再興戦略 改訂2015」(平成27年6月30日閣議決定)に基づき、訪日外国人旅行者を地方へ誘客するモデルケースである「観光立国ショーケース」の形成に取り組む都市として、平成28年1月29日に、北海道釧路市、石川県金沢市及び長崎県長崎市の3都市を選定し、各市で取組が開始されたところです。
 また、これに合わせ、「日本再興戦略 改訂2016」(平成28年6月2日閣議決定)において、平成28年度中に、各市及び日本版DMO候補法人が中心となり、観光立国ショーケースとして観光資源の魅力磨き上げ等を行う実施計画を策定することとされており、今般、実施計画が策定されましたので、お知らせします。
 なお、観光立国ショーケースについては別添1、各都市の実施計画の概要は別添2、実施計画の詳細等については以下をご覧ください。


このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光地域振興課 玉石(27723)、増田(27715) 電話:03-5253-8111(国土交通省代表)