ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2009年 > 第3回「通訳案内士のあり方に関する懇談会」の開催について
ページ本文

第3回「通訳案内士のあり方に関する懇談会」の開催について

印刷用ページ

最終更新日:2009年1月21日

 増加する訪日外国人旅行者に対応した通訳案内士のあり方を検討するため、関係者の幅広い意見をいただくと共に、意見交換・認識共有の場の設置を目的とした通訳案内士のあり方に関する懇談会について、第3回を以下のとおり開催します。
 
1.開催概要
  ・ 日時 : 平成21年1月27日(火)13:30~16:30
  ・ 場所 : 国土交通省2号館低層棟 共用会議室2(中央合同庁舎2号館1階)
 
2.メンバー
   通訳案内士団体、旅行業者、ホテル業者、地方自治体、ボランティアガイド団体、観光庁
 
3.議事
  ・ ボランティアガイド団体、地方自治体、JNTOからのプレゼンテーション
  ・ 通訳案内士のあり方に関する今後の進め方
 
4.その他
 本懇談会の資料及び議事については、公開といたします。カメラ撮りは、会議の冒頭のみ可能です。
 傍聴を希望される方は1月23日(金)17時までに、以下の傍聴申込書をEメール(g_PLB_KSN@mlit.go.jp)又はFAX(03-5253-8930)にてお申し込みください。なお、会場の都合上、傍聴に関しては以下の対応とさせていただきますので、あらかじめご了承下さい。
  ・ 定員を超える申し込みがあった場合は、お断りをさせていただく場合があります。
  ・ 受付締切り後の傍聴申込みは、お断りさせて頂きます。
  ・ 各団体からの傍聴者は1名までとさせて頂きます。
  ・ 傍聴可否につきましては、前日までにE-mailにてご連絡させていただきます。

傍聴申込書

添付資料

このページに関するお問い合わせ
 観光庁 観光地域振興部 観光資源課
   川島・三重野・鈴木
     代表 03-5253-8111(内線27802,27804,27805)
     FAX  03-5253-8930
      E-MAIL   g_PLB_KSN@mlit.go.jp