ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2009年 > (財)日本ナショナルトラストが創立40周年記念シンポジウムを開催します!
ページ本文

(財)日本ナショナルトラストが創立40周年記念シンポジウムを開催します!

印刷用ページ

最終更新日:2009年2月25日

(平成21年4月20日(月) 於 東京国立博物館平成館大講堂)

 貴重な歴史的文化財や美しい自然景観などを国民の財産として後世に継承していくため、昭和43年に創立された財団法人日本ナショナルトラストが40周年を迎えました。その記念シンポジウムが4月20日、東京国立博物館平成館大講堂で開催されますので、お知らせ致します。

1.開催趣旨
 (財)日本ナショナルトラストは、昭和43年の創立以来、40年間にわたり国民的財産である貴重な自然景観やかけがえのない文化財・歴史的環境を保全し、観光資源として利活用しながら後世に継承していくための活動を展開してまいりました。現在までに旧安田楠雄邸(東京都文京区)などを保護対象として認定し保護活動を実施するほか、情報発信拠点として全国に9カ所のヘリテージセンターを設置しておりますが、観光資源の活用による地域の特性を活かした魅力ある観光地の形成に向けた施策が取り組まれている中、地域と連携を図り、貴重な歴史的文化財や美しい自然景観などを国民の財産として、また、観光資源として利活用しながら地域振興に貢献していくという同財団の社会的役割は、ますます重要になっています。
 そこで同財団の創立40周年という節目を契機として、改めて広く国民に対しナショナルトラスト活動への理解と参加を呼びかけ、観光資源の保存活用に関わる関係者と積極的交流を図ることを目的として本シンポジウムを開催いたします。

2.名称   (財)日本ナショナルトラスト創立40周年記念シンポジウム

3.日程   平成21年4月20日(月) 13:00~

4.場所   東京国立博物館平成館大講堂 (東京都台東区上野公園)

5.シンポジウムテーマ  『未来へとつなぐ地域遺産』 
                  ~美しい自然と貴重な歴史的環境を守るナショナルトラスト活動のこれから~

6.次第(予定)
   ・代表挨拶  大塚 陸毅 氏 ((財)日本ナショナルトラスト会長、東日本旅客鉄道(株)取締役会長)
   ・来賓挨拶  本保 芳明 (観光庁長官)
   ・功労者表彰
   ・シンポジウム
     基調講演  アレックス・カー 氏 (東洋文化研究者、YOKOSO! JAPAN 大使)
     パネルディスカッション 
       テーマ  「地域遺産を次の世代につなぐには」
            ~日本ナショナルトラストのこれからの役割~
       コーディネーター  西村 幸夫 氏 ((財)日本ナショナルトラスト観光資源専門委員、東京大学教授)
       パネリスト       水嶋 智 (観光庁観光地域振興部観光資源課長)
                   苅谷 勇雅 氏 (文化庁文化財部文化財鑑査官)
                   多児 貞子 氏 (旧安田楠雄邸マネージャー、
                                  NPO法人 文京歴史的建物の活用を考える会理事)
                         ほか

7.参加予定数   350名 (会場の都合上、定員になり次第締め切りといたしますのであらかじめご了承下さい。)

8.参加費      無料

9.後援(予定)   観光庁、文化庁、観光関係団体ほか

10.参加申込先
    (財)日本ナショナルトラスト 事業課 宮原、池ノ上 (シンポジウム実施事務局)
      TEL: 03-6303-1110
      FAX: 03-3818-1165
      E-mail: 
info@national-trust.or.jp
    (添付の参加申込書に必要事項を記載いただき、FAXまたはE-mailにてご連絡下さい。)

このページに関するお問い合わせ
観光庁観光地域振興部観光資源課
 青木、前田
     代表 03-5253-8111 (内線 27822,27824)
     直通 03-5253-8925