ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2016年 > スポーツ庁、文化庁及び観光庁の包括的連携協定の署名式を開催   ~三庁連携によるさらなる観光立国の推進に向けて~
ページ本文

スポーツ庁、文化庁及び観光庁の包括的連携協定の署名式を開催   ~三庁連携によるさらなる観光立国の推進に向けて~

印刷用ページ

最終更新日:2016年3月1日

    観光庁では、さらなる観光立国の推進のため、スポーツ庁、文化庁と包括的連携協定を締結することとし、3月7日に旧岩崎邸庭園で署名式を開催します。
    今後は、三庁で政策連携を行い新たに生まれる地域ブランドや日本ブランドを確立・発信し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等の世界的イベントの開催以降も訪日観光客の増加や、国内観光の活性化を図り、日本及び地域経済の活性化を目指します。
    訪日外国人旅行者数2000万人の目標達成が視野に入ってきており、我が国への関心が高まっている中、世界に誇る日本各地の文化芸術の魅力や各地域のスポーツと観光を密接に融合させ、新たな価値を創造していくことが求められています。
観光庁は、訪日外国人旅行者の増加や国内観光の活性化を通じ、日本及び地域経済の活性化を図るため、これまでも文化庁と包括的連携協定を締結し、文化財を活用した観光振興に取り組んで参りました。
    昨年10月にスポーツ庁が設立されたことを受け、さらなる観光立国の推進のため、スポーツ庁、文化庁及び観光庁で包括的連携協定を締結することといたしました。
    協定の締結にあたっては、下記の通り署名式を開催いたします。署名式においては、三庁の長官が一同に会し、協定書に署名するとともに、連携施策を講じることを申し合わせします。
 
 
1.日 時  
   平成28年3月7日(月)17:10~
 
2.場 所  
   旧岩崎邸庭園(国指定重要文化財 旧岩崎家住宅)
     (東京都台東区池之端1-3-45)

3.出 席 者  
  鈴木大地    スポーツ庁長官
  青柳正規    文化庁長官 
  田村明比古   観光庁長官 
 
4.行程(予定)  
 17:10~17:15 記念撮影 【旧岩崎邸庭園洋館東側】
 17:15~17:55 署名式、記者会見 【旧岩崎邸庭園撞球室】
 18:00~18:30 旧岩崎邸庭園館内見学
  
5.取   材  
 取材を希望する場合は、3月3日(木)17:00までに別添1により、観光庁観光資源課まで
 ご連絡ください。
  ・取材はフルオープンです。取材中は、貴社の腕章を着用してください。
  ・「旧岩崎邸庭園」サービスセンターにて取材に来られた旨お伝え頂き、ご入園の後、
   当日17:00までに、撞球室前で受付を済ませてください。その際、取材に当たっての
   注意事項を説明いたします。なお、お帰りの際には受付に御連絡をお願いいたします。
  ・会場は、重要文化財になりますので、機材等で柱、壁、床、建具等を傷つけないよう、
   十分に御注意ください。
  ・取材に当たっては、庭園管理者、スポーツ庁、文化庁及び観光庁の職員の指示に
   従ってください。
  ・カメラ等の電源については、各社にて御用意願います。
 
6.そ  の 
  ・駐車スペースはございませんので、車でお越しの場合は、周辺の民間駐車場等を御利用
   ください。
  ・撞球室、洋館、和館含め、館内はすべて土足厳禁となっており、お履物をお脱ぎいただき
   ますので、靴下着用の上お越しください。
  ・会場内は冷えますので、暖かくしてお越しください。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光資源課 大岡、池田
 電話:03-5253-8111(代表)(内線27804、27805)
      03-5253-8925(直通) FAX:03-5253-8930