ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2018年 > 広島県、香川県で新しい「地域通訳案内士」が誕生します。
~地域通訳案内士育成等計画に対する観光庁長官の同意について~
ページ本文

広島県、香川県で新しい「地域通訳案内士」が誕生します。
~地域通訳案内士育成等計画に対する観光庁長官の同意について~

印刷用ページ

最終更新日:2018年4月10日

今年1月4日から施行された改正通訳案内士法により新たに導入された地域通訳案内士制度について、新たに以下の2地域から申請があり、4月9日付で同意いたしました(改正法施行後初)。これにより、広島県、香川県において新しい「地域通訳案内士」が誕生します。
これまで、活動地域を限定した有償外国語ガイドの育成・活用については、構造改革特区法等の各特例法等に基づき特例的に認められてきましたが、今年1月4日から 施行された改正通訳案内士法により、地域通訳案内士制度として、どの自治体においても、地理・歴史等に関する研修の実施等の一定の要件の下で実施できるようになりました。 今後も、地域通訳案内士制度の活用促進を進め、各地域の観光資源の魅力を伝える ガイド人材を育成し、訪日外国人旅行者の地方誘客や滞在満足度向上に努めてまいります。

1.新たに地域通訳案内士制度を導入する地域

地 域 地域通訳案内士の名称 対応言語 研修受講者
募集時期
広島県 広島県地域通訳案内士 英語、中国語 本年7月頃
(予定)
香川県 香川せとうち地域通訳案内士 英語、中国語
韓国語
本年7月頃
(予定)
 
 
 
 

2.既に導入している地域通訳案内士制度の内容を見直す地域

地 域 地域通訳案内士の名称 計画変更の内容    
沖縄県 沖縄県地域通訳案内士

研修内容を、より通訳案内の実務に即した内容に見直し。
有資格者に対してスキルアップ研修を導入。
 
山梨県 山梨県地域通訳案内士 育成する地域通訳案内士の対応言語について、「タイ語」を廃止し、新たに「フランス語」「韓国語」「インドネシア語」「ベトナム語」を追加。
奈良県 奈良県地域通訳案内士 育成する地域通訳案内士の対応言語について、「中国語」「韓国語」から「英語」「フランス語」に変更。

※各地域の地域通訳案内士制度の内容・詳細については、各自治体にお問い合わせください。

 

このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光地域振興部 観光資源課
担 当:松本、岡本
連絡先:03-5253-8111(内線27-803、27-815)03-5253-8924(直通)
FAX 03-5253-8930 Eメールhqt-tuuyaku@ml.mlit.go.jp