ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2009年 > 訪日外国人旅行者2000万人時代に対応した宿泊施設のあり方に関する検討会(第1回)を開催します
ページ本文

訪日外国人旅行者2000万人時代に対応した宿泊施設のあり方に関する検討会(第1回)を開催します

印刷用ページ

最終更新日:2009年9月25日

 今後、「観光立国推進基本計画」に定められた2010年までに訪日外国人旅行者を1000万人とするとの目標を、もう一歩進め、訪日外国人旅行者について、2020年に2000万人とすることを目指していくこととしている中、訪日外国人旅行者の受入環境の整備のひとつとして、訪日外国人旅行者の受入れの中核である宿泊施設における外国語対応の充実等を図っていくことも重要な課題です。
  そこで、訪日外国人旅行者2000万人時代に対応した我が国の宿泊施設のあり方について検討するため、以下のとおり、「訪日外国人旅行者2000万人時代に対応した宿泊施設のあり方に関する検討会(第1回)」を開催します。
 
 
1.日  時
   平成21年9月30日(水)10:00~12:00
 
2.場  所
   観光庁国際会議室(中央合同庁舎2号館16階)
 
3.メンバー
   別紙のとおり
 
4.主な議事
   訪日外国人旅行者2000万人時代に対応した宿泊施設のあり方について
 
* 会議は公開いたします。ただし、カメラ撮りは会議冒頭のみとさせていただきます。
* 傍聴、取材を希望される場合は、9月29日(火)17:00までに、下記連絡先まで、電話で氏名、所属、連絡先をご
     連絡下さい。
     なお、会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただきますので、あらかじめご了承下さい。
このページに関するお問い合わせ
  観光庁観光産業課 森谷(もりや)、奥山
    代表 03-5253-8111(内線 27-303、27-307)
      直通 03-5253-8329