ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2014年 > 「ユニバーサルツーリズムに対応した観光地づくり(バリアフリー観光地づくり)のための地域の受入体制強化マニュアル」を作成しました
ページ本文

「ユニバーサルツーリズムに対応した観光地づくり(バリアフリー観光地づくり)のための地域の受入体制強化マニュアル」を作成しました

印刷用ページ

最終更新日:2014年3月26日

 今後より一層の高齢化が見込まれるなか、旅行者が心配なく訪れることができるユニバーサルツーリズムに対応した観光地づくり(バリアフリー観光地づくり)が求められております。
 ユニバーサルツーリズムに対応した観光地づくり(バリアフリー観光地づくり)を進める上では、旅行者や旅行業者からの問い合わせに適切に対応することができる窓口機能を有する組織づくり(受入拠点づくり)が重要となります。
 この度、先行事例や今年度観光庁で実施した調査事業をもとに、地域(観光地)の受入拠点にづくりに取組む皆様の参考となるよう、マニュアルを作成しました。
 各地のユニバーサルツーリズムに関わる受入拠点づくりの取組みにご活用ください。

このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光産業課
担 当:上井・合澤
代 表 03-5253-8111(内線27306)
直 通 03-5253-8329
FAX 03-5253-1585