ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2014年 > 「道の駅」における大学との連携・交流を本格実施します
ページ本文

「道の駅」における大学との連携・交流を本格実施します

印刷用ページ

最終更新日:2014年11月21日

 「道の駅」には地域の観光資源や魅力を語る人材が集まっており、地域の課題を解決する拠点となっています。また、将来の地域活性化の担い手となる人材を育成・確保するためには、現場での就労体験を通して、実際的な知識や技術を学ぶことが重要です。
 このため、「道の駅」を、観光振興や地域振興を学ぶ学生の課外活動やインターンシップの場として本格活用することとしました。
 これまで、「道の駅」において、地元大学等と個別に連携を行う事例はありましたが、全国の道の駅を対象に実施することにより、都市部の学生が地方部の道の駅で交流するなど、新たな価値の創造が期待されます。(別紙1参照)

 <実施内容例>
  ・観光資源調査、地域活性化プログラムの企画・立案
  ・HPやSNSなどによる情報発信の提案・実施
  ・地場産品を活用したオリジナル弁当などの商品開発

 <今後のスケジュール>
  平成27年度からの受入開始に向け、派遣を希望する大学等と、個別調整を進める予定。
このページに関するお問い合わせ
道路局企画課 課長補佐 小島 昌希
代表:03-5253-8111(内線 37532)
直通:03-5253-8485 FAX:03-5253-1618
観光庁観光産業課 課長補佐 堀江 直宏
代表:03-5253-8111(内線 27302)
直通:03-5253-8329 FAX:03-5253-1585