ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2015年 > 第2回 「民泊サービス」のあり方に関する検討会(開催案内)
ページ本文

第2回 「民泊サービス」のあり方に関する検討会(開催案内)

印刷用ページ

最終更新日:2015年12月8日

第2回 「民泊サービス」のあり方に関する検討会(開催案内)
厚生労働省及び観光庁は、「規制改革実施計画」(平成27年6月30日閣議決定)を踏まえ、「民泊サービス」のあり方について検討するため、「「民泊サービス」のあり方に関する検討会」を開催しています。
今般、標記検討会を下記のとおり開催いたしますので、お知らせします。

           記

1 日 時 平成27年12月14日(月)13:00~15:00

2 場 所 都道府県会館1階 101会議室
〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目6-3
電話 03(5212)9000

3 議 題(予定)
(1) Airbnb,Inc.、一般社団法人新経済連盟、一般社団法人日本旅館協会、一般社団法人日本ホテル協会、一般社団法人全日本シティホテル連盟よりヒアリング
(2) 意見交換
(3) その他


4 傍聴可能人数
100名程度

5 会議傍聴の募集要項
○会場設営の関係上、予め御連絡いただきますようお願いいたします。
○申し込み締切:12月10日(木)17:00必着
○申し込み方法:
別紙様式に必要事項をご記入のうえ、FAXにてお申し込みください。電話でのお申し込みはご遠慮ください。
・FAX番号:03(5253)1585
・宛先:観光庁観光産業課 宛
○ 傍聴希望者が募集人数を超える場合には抽選や団体・組織毎の人数調整をする可能性があります(報道関係の方についても同様に調整させていただく場合があります)。抽選、調整の結果、傍聴できない方がいらっしゃる場合には、12月11日(金)18時までに、FAXにてご連絡差し上げます。傍聴可能な方には特段通知等は致しません(第1回検討会の際とは異なりますので、ご注意ください。)。
○ 傍聴の申し込みがなく当日会場にお越しになった場合には、傍聴できませんのでご了承ください。

6 傍聴の際の留意事項
  傍聴される方は、下記の留意事項を遵守してください。
○ 原則として、会議開始前10分前までに受付を済ませてください。また、会議開始30分を過ぎた段階で受付がお済みでない場合には、傍聴をご遠慮いただくことがあります
○ 会議開催当日は、以下2点を必ずご持参いただき、入館の際に提示してください。
 1.申し込みの際にFAXで送信した傍聴申込用紙
 2.顔写真付身分証明書(免許証、社員証、パスポートなど)
○ 事務局の指定した場所以外に立ち入ることはできません。
○ 携帯電話等の音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。
○ あらかじめ申し込まれた場合は、会議冒頭の頭撮りに限って写真撮影、ビデオ撮影をすることができます。
○ 会議の妨げとならないよう静かにしてください。
○ その他、座長と事務局職員の指示に従ってください。

7 検討会終了後の記者ブリーフィング
  検討会終了後、都道府県会館1階 101会議室において、事務局(厚生労働省及び観光庁)から報道関係の方に対する記者ブリーフィングを予定していますので、上記5と同様の様式により、事前に登録をお願いします。なお、写真撮影、ビデオ撮影はできません。


このページに関するお問い合わせ
観光庁観光産業課
課  長 西海 重和(内線27-301)
課長補佐 西川 洋祐(内線27-302)
課長補佐 谷口 和寛(内線27-323)
(代表電話) 03(5253)8111
(直通電話) 03(5253)8329

厚生労働省医薬・生活衛生局
生活衛生・食品安全部生活衛生課
課  長 長田(ちょうだ) 浩志(内線2411)
課長補佐 吉岡 明男(内線2431)
課長補佐 渡邉 英介(内線2414)
(代表電話) 03(5253)1111
(直通電話) 03(3595)2301