ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2016年 > 「観光産業を担う中核人材育成講座」を3つの大学で開講
ページ本文

「観光産業を担う中核人材育成講座」を3つの大学で開講

印刷用ページ

最終更新日:2016年8月29日

〇小樽商科大学(昨年度より継続)、和歌山大学、大分大学(今年度新規)の3大学において、「観光産業を担う中核人材育成講座」が10月よりスタート。
〇受講対象者は、全国の旅館・ホテルの経営者、後継者、役員その他管理職等の次世代経営幹部。
〇講座内容は、財務・管理会計、マーケティング、ブランディング等を中心に、各界有識者や大学講師陣による講義、ディスカッション、現場視察研修(小樽商大のみ)を予定。
〇本日より受講生募集開始。
※本講座は社会人向け公開講座です。講座修了者には、観光庁長官及び各学長連名の修了証発行。

 これまで観光庁では、地域の経済や雇用創出に大きな役割を担う旅館・ホテルの経営改善を目的として、大学との連携による人材育成事業やインターネットを活用した無料オンライン講座の提供など、様々な人材育成事業を行って参りました。
 昨年度、小樽商科大学で実施し大好評であった宿泊経営者育成講座を、今年度は更に充実したプログラムで行うとともに、実施地域を拡大し、和歌山大学、大分大学でも同時開講することで、各地の経営者にも参加しやすくなりました。  
 本講座は、旅館・ホテルの経営者(後継者を含む)、役員その他管理職といった次世代を担う経営者の経営力とマネジメント力の強化を目的としたものです。ぜひ、さらなる知識やノウハウ習得、スキルアップの場として、また社員教育の機会としてご活用ください。
 皆さまからの積極的なご参加をお待ちしております。

1.主催及び事業実施

主催: 国土交通省観光庁
事業実施: 国立大学法人小樽商科大学
        国立大学法人和歌山大学
        国立大学法人大分大学

2.受講対象者

全国の旅館・ホテルにおいて、将来の経営を担う幹部候補の方々
例えば、次期経営者や後継者、将来の経営幹部候補(役員、管理職ほか)

3.募集定員・受講料

募集定員:各講座20名
受講料: 無料 
※会場までの交通費・宿泊飲食費は各自でご負担いただきます。
※小樽商科大学のプログラムは、ザ・ウィンザーホテル洞爺での宿泊研修費が別途必要となります。

4.受講条件

〇プログラム全日程参加可能な方
〇現在、観光関連産業に従事されている方

5.開催日時、場所、カリキュラム

詳しくは下記パンフレットをご覧ください。

6.受講申込み方法

 下記より「参加申込書」をダウンロードいただき、必要事項を記入しFAXまたはE-mailにて各大学へお申し込みください。
選考方法:お申し込み後、各大学より応募用紙等を別途メールにてお送りいたします。書類選考の上、後日結果をお知らせいたします。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光産業課 小俣、森下
TEL:代表 03-5253-8111(内線27308)
    直通 03-5253-8329
FAX:03-5253-1585