ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2017年 > 宿泊業等の観光産業の経営力強化のための社会人向け講座を全国6大学で開講 ~産学連携による観光産業の中核人材育成・強化に向けて~
ページ本文

宿泊業等の観光産業の経営力強化のための社会人向け講座を全国6大学で開講 ~産学連携による観光産業の中核人材育成・強化に向けて~

印刷用ページ

最終更新日:2017年9月1日

観光庁では、地域の観光産業の中核を担う人材の育成を目的として、昨年度に引き続き、「産学連携による観光産業の中核人材育成・強化事業」を実施しています。
宿泊業等の観光産業の経営力強化のための社会人向け公開講座を平成29年度は6大学において、9月26日以降順次開講します。申込については、各大学で受付を行います。 

 
 ※ 平成29年度「産学連携による観光産業の中核人材育成・強化事業」
 観光産業の中核を担う人材の育成のため、全国の複数のモデルとなる大学において、観光産業、特に宿泊業における経営力強化・生産性向上などを実現するため、地域特性や大学の強みを活かして社会人向けの講座を展開します。昨年度は、大分大学・小樽商科大学・和歌山大学の3校で実施し、今年度は、講座内容・実施校数ともに充実を図り、6校で実施します。
 6大学がコンソーシアムを組み、協力の下、講座を企画しています。コンソーシアムの事務局を運営する小樽商科大学は、他大学への助言、コーディネーター派遣等の支援を行うとともに事業の総合調整を担います。
 

 
. 事業実施大学
 学園法人青森山田学園青森大学、国立大学法人大分大学、国立大学法人鹿児島大学、
学校法人東洋大学、学校法人明海大学、国立大学法人和歌山大学
 
. 実施内容
 (1)受講対象
    原則として、既に観光産業に従事している社会人
     ・全国の旅館・ホテルの経営者、後継者、役員、管理職等の次世代経営幹部
     ・旅館・ホテルの宿泊業と連携して地域の魅力を創造する観光産業事業者幹部
 (2)講座内容
    経営戦略、財務会計、組織、マーケティング、ブランディング等を中心に、業界有識者や大学講師陣による講義、ディスカッション等
    ※各大学の講座概要については別紙のとおり
 (3)受講料
      原則無料 ※会場までの交通費、宿泊・飲食費は受講者負担となります。
 (4)募集人数
      各大学20名程度
 (5)申込方法・受講可否の通知
    ・各大学へ直接お申し込みください。(別紙参照
    ・各大学において選考を実施し、結果を通知します。
 (6)その他
    ・受講者は、応募した講座(コース)の全日程への参加が必要です。
    一部のコマのみの聴講は原則としてできません。
    ・講座修了者には、観光庁長官及び各大学長の連名の修了証を発行します。
 
このページに関するお問い合わせ
【お問い合わせ先】
観光庁 観光産業課 担当:香取、山口
 代 表 03-5253-8111(内線27-326、27-329) 
 直 通 03-5253-8367  F A X 03-5253-1585