ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2018年 > 「日本の魅力発信に向けたクルーズ着地型観光の充実のための検討会」を開催します
ページ本文

「日本の魅力発信に向けたクルーズ着地型観光の充実のための検討会」を開催します

印刷用ページ

最終更新日:2018年11月22日

クルーズ寄港地におけるクルーズ旅客向け着地型観光の充実方策について検討を行うため、観光庁内に有識者からなる検討会を設置し、議論を行います。

 近年増加している我が国へのクルーズ船の寄港は、一度に数百人から数千人の旅客による訪問であり、地域経済を活性化させるだけでなく、旅行者の満足度が高まれば、その地域の評価・知名度を向上させ、その地域への旅行者のリピーターを獲得する重要な機会でもあります。
 各寄港地で用意されるオプショナルツアーには多くのクルーズ旅客が参加する一方、地域によっては無料の観光施設、特定の免税店にしか立ち寄らない場合もあり、旅客の満足度低下及び地域の機会損失が生じている例も見られます。
 このような状況を踏まえ、既に行っているクルーズ船社と国の連携による寄港地観光の上質化に向けた取組みに加えて、国、旅行業界、DMO、港湾関係者が連携して、クルーズ寄港地における着地型観光の充実方策について検討を行うため、下記のとおり「日本の魅力発信に向けたクルーズ着地型観光の充実のための検討会」を開催いたします。

                記

1.日 時:平成30年11月28日(水)15:00~17:00

2.会 場:全日通霞ヶ関ビル4階 研修室
        東京都千代田区霞が関3-3-3

3.議 題:(1)クルーズ着地型観光の現状と課題について
        (2)課題解決のための取組について

4.構成員:【別紙1】のとおり

5.その他:
  ○当会議は非公開とさせていただきますが、冒頭のみカメラ撮り可と致します。
  ○カメラ撮りをご希望される方は、11月27日(火)12:00までに【別紙2】(取材申込書)に必要事項をご記入の上、
   FAXにてお申し込み頂き、当日は14:50までに会場にご集合ください。
  ○本検討会の資料及び議事概要については、後日、観光庁HPにて公表する予定です。

プレスリリース資料
【別紙1】構成員名簿
【別紙2】取材申込書
 
このページに関するお問い合わせ
観光庁旅行振興担当参事官室
担当:浮須、増本
TEL:代表03-5253-8111(内線27-317、27-315)
    直通03-5253-8329 FAX:03-5253-1585

国土交通省港湾局産業港湾課クルーズ振興室
担当:稲葉
TEL:代表03-5253-8111(内線46-424)
    直通03-5253-8672 FAX:03-5253-1651