ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2019年 > ゴールデンウィーク10連休中の旅行動向調査                                                                                                         ~旅行に出かけた人は35%、30代が最も高く40%を越える~
ページ本文

ゴールデンウィーク10連休中の旅行動向調査                                                                                                         ~旅行に出かけた人は35%、30代が最も高く40%を越える~

印刷用ページ

最終更新日:2019年5月31日

    観光庁では2019年のゴールデンウィーク(4月27日~5月6日の10日間。以下「GW」という。)が、日本在住の人の国内外への旅行動態に及ぼす影響及び長期休暇が経済・社会に与える効果を把握するためにアンケート方式による調査を行いました。
    今後、観光庁では、休暇改革等の施策の着実な実施により、引き続き、国内旅行・海外旅行双方の振興に取り組んでまいります。

調査概要

1.調査対象者
  日本在住の男女個人(20歳以上)
2.調査実施時期
  令和元年5月10日(金)~5月13日(月)
3.調査方法
  web調査票によるアンケート調査
4.調査サンプル数
  2007
【2019年のGW】
GW

資料

このページに関するお問い合わせ
観光庁旅行振興担当参事官室 担当:河村、山川、新倉
TEL:代表03-5253-8111(内線27-338、27-302)
直通:03-5253-8329 FAX:03-5253-1585