ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2009年 > 国際観光活性化シンポジウムを開催します
ページ本文

国際観光活性化シンポジウムを開催します

印刷用ページ

最終更新日:2009年8月19日

観光庁は、世界観光機関(UNWTO)との共催により、国際観光活性化シンポジウムを大阪市において開催します。

  昨今、米国に端を発した金融危機による世界同時経済不況や新型インフルエンザの影響により、我が国は円高等の煽りを大きく受け景気が低迷し、日本経済は深刻な状態が続いています。このような状況の中、国際観光を促進しようとする我が国の観光分野においても例外ではなく、我が国を訪れる外国人旅行者の減少や観光関連産業にも打撃を与えるなどの影響を受けているため、これらへの対応策の重要性が高まっています。
 
  今般、観光関連産業界や観光行政関係者を対象に、世界的な景気動向や観光動向の現状や今後を見据えながら、経済不況の打撃から早急に回復するための短期的な方策や我が国における国際観光をより一層促進するための今後の戦略、取組むべき施策、方向性を提案するシンポジウムを世界観光機関(UNWTO)との共催により以下のとおり開催します。
 
 
<開催概要>
1.開催日時  平成21年9月11日(金)10:30~17:30
 
2.開催場所  大阪国際会議場(グランキューブ大阪)12階「特別会議室」
                   大阪市北区中之島5-3-51 (京阪中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」(2番出口)すぐ)
 
3.内  容 
 (1)開会挨拶
     ・国土交通省近畿運輸局長 原 喜信
     ・世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センター代表 本田 勇一郎
 (2)特別講演
    テーマ:「夢はでっかく 目指せオンリーワン!」
              青木 豊彦氏(東大阪市モノづくり親善大使、(株)アオキ代表取締役)
 (3)問題提起
     テーマ:「世界同時不況下における国際観光促進」
               高松 正人氏((株)ツーリズムマーケティング研究所代表取締役)
 (4)基調講演
    テーマ:「今、世界の観光は、そしてこれから」
              サンドラ カルボン女史(UNWTOツーリズム市場調査部副部長)
 (5)講  演
     テーマ:「不況の中でも元気な観光地---香港」
                加納 國雄氏(香港政府観光局 日本・韓国地区局長)
      テーマ:「今、元気な国内観光地」
                沢登 次彦氏(じゃらんリサーチセンター長)
      テーマ:「海外に学べ!日本のインバウンド」
              鈴木   勝氏 (桜美林大学教授・大阪観光大学名誉教授)
 (6)パネルディスカッション
      テーマ:「今、日本のツーリズムがなすべきことは何か?」
      モデレーター:高松 正人氏((株)ツーリズムマーケティング研究所代表取締役
      パネリスト:
     ・サンドラ カルボン女史(UNWTOツーリズム市場調査部副部長)
         ・加納 國雄氏 (香港政府観光局 日本・韓国地区局長)
         ・沢登 次彦氏 (じゃらんリサーチセンター長)
         ・鈴木   勝氏 (桜美林大学教授・大阪観光大学名誉教授)
 
4.報道機関の取材申し込みについて
 (1)取材の登録は、当日会場で受け付けます。
 (2)シンポジウムの詳細については、(財)アジア太平洋観光交流センター(電話 072-460-1200)にお尋ねください。
 
◎シンポジウムの参加申込みについて
  (財)アジア太平洋観光交流センターのEmail(info@aptec.or.jp)または同センターホームページ(http://www.aptec.or.jp/)に掲載している申込書に所定事項をご記入の上、FAX(番号:072-460-1204)により平成21年9月3日(木)までにお申し込みください(参加料は無料です)。
このページに関するお問い合わせ
 観光庁参事官室
     竹原・山本・岡田
     代表 03-5253-8111(内線 27602、27606)
        直通 03-5253-8938