ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2012年 > 第23回国際血栓止血学会が2011 IAPCO Awardを受賞しました!
ページ本文

第23回国際血栓止血学会が2011 IAPCO Awardを受賞しました!

印刷用ページ

最終更新日:2012年3月7日

 昨年7月に京都で開催された第23回国際血栓止血学会(ISTH2011)が2011 IAPCO Awardを受賞しました。東日本大震災の約1年後となる2012年3月9日(金)に日本組織委員会委員長に対して、トロフィーと表彰状が贈呈されます。日本では初の受賞となります。
 第23回国際血栓止血学会組織委員会が、東日本大震災と津波・原発事故によって、多くの国際会議が中止・延期に追い込まれたなか、会議を予定どおり開催するため尽力したことに対して表彰されるものです。

【受賞式概要】
 1.日時:平成24年3月9日(金) 9:30~10:30

 2.場所:日本コンベンションサービス株式会社(JCS)会議室
 
 3.受賞者:第23回国際血栓止血学会組織委員会 池田康夫会長
   その他出席予定者:観光庁 溝畑宏長官、日本政府観光局 松山良一理事長、JCS近浪弘武社長
 
 4.国際血栓止血学会(ISTH2011)とは
   心筋梗塞、脳血栓等の血栓症、更に血友病のような出血性疾患の病態、診断、予防、治療  などに ついて発表、討論する学会
  (1)開催期日:2011年7月23日-28日
  (2)開催場所:国立京都国際会館
  (3)参加人数: 6,000名(海外4,000名、国内2,000名)・約80カ国  ※震災後に開催された国際会議としては最大規模。
 
 5.受賞経緯
   東日本大震災と津波・原発事故によって、多くの国際会議が中止・延期に追い込まれまし  た。そのような中、第23回国際血栓止血学会組織委員会が第三者機関である中立的なリスク  調査会社を起用し、会議開催を決断する上で必要な情報を収集するなど、主催者等の熱心な  働きかけにより、予定どおり開催されることになりました。

  ※IAPCO(International Association Professional Convention Organizer):会 議運営会社(PCO)の質の向上を目指して1968年に設立された国際組織。35カ国、100社以上 のPCOが加盟。本部はチューリッヒ。

  ※IAPCO Award:IAPCO加盟企業からの推薦をもとに、その年に開催された会議のうち特に 優れた取り組みを実施した会議の主催団体などに贈られるアワード。1992年以降、56の団体に 贈られた。

  取材ご希望の方は別紙にご記載のうえ、3月8日(木)17:00までに返信願います。

このページに関するお問い合わせ
観光庁MICE推進参事官室
佐藤、大城
代表 03-5253-8111(内線27605、27607)
直通 03-5253-8938
FAX 03-5253-1563