ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2013年 > 本保芳明・首都大学東京教授(元観光庁長官)の世界観光倫理委員会委員就任について
ページ本文

本保芳明・首都大学東京教授(元観光庁長官)の世界観光倫理委員会委員就任について

印刷用ページ

最終更新日:2013年9月6日

○8月29日、第20回UNWTO総会(於ザンビア/ジンバブエ、ビクトリアフォールズ)
  において、本保芳明・首都大学教授(元観光庁長官)の世界観光倫理委員会
  (World Committee on Tourism Ethics)委員への就任が承認されました。
  任期は6年です。
○世界観光倫理委員会は、国連世界観光機関(UNWTO)総会の補助機関として
  世界観光倫理憲章(The Global Code of Ethics for Tourism)の解釈・適用・
  評価を実施する独立した中立的な組織です。
○同委員会の議長は、パスカル・ラミー前WTO事務局長が務め、委員8名、
  代理委員3名が所属。
【参考1】世界観光倫理憲章(The Global Code of Ethics for Tourism)

1.世界観光倫理憲章の概要 
   (1)世界観光倫理憲章の位置づけ及び目的
        世界観光倫理憲章とは、各国政府、観光業界、地域社会、旅行者等の観光産業の
        発展の主要関係者が、責任ある持続可能な観光を実現するために参照すべき規範
        である。その目的は、観光産業を発展させるにあたり、世界の環境、文化遺産、社会
        に与える潜在的な悪影響を最小限にしながら、観光産業の発展を最大限に引き出す
        ことである。
   (2)法的な位置付け
        世界観光倫理憲章には法的拘束力はないものの、世界観光倫理委員会)の役割を
        通じて、関係者が自発的に取り組む枠組みである。
   (3)UNWTOの取り組み
        各国政府のみならず、民間事業者を含む関係団体、企業にも参加を積極的に
        促している。

2.世界観光倫理憲章制定の経緯及び実施状況 
   1997年           UNWTO総会(トルコ・イスタンブール)
                            世界観光倫理憲章の制定が提案される。
   1999年10月 UNWTO総会(チリ・サンティアゴ)
                            世界観光倫理憲章が、UNWTO(世界観光機関)のすべての加盟国
                            により採択される。
   2004年10月 UNWTO総会(韓国・慶州)
                            世界観光倫理委員会が世界観光倫理憲章の解釈、適用、評価を実施
                            する目的で設立される。
 
【参考2】世界観光倫理委員会に関するUNWTOプレスリリース(9月5日付)
http://media.unwto.org/en/press-release/2013-09-05/pascal-lamy-chair-world-committee-tourism-ethics

このページに関するお問い合わせ

【お問い合わせ先】
観光庁国際会議等担当参事官室 乾、貴田
             TEL     03-5253-8111(内線27-609)
                         03-5253-8938(直通)
             FAX     03-5253-1563