ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2013年 > 国連世界観光機関(UNWTO)文化・自然遺産の観光開発に関する地域会合がカンボジアで開催されました
ページ本文

国連世界観光機関(UNWTO)文化・自然遺産の観光開発に関する地域会合がカンボジアで開催されました

印刷用ページ

最終更新日:2013年11月14日

 

○11月1日(金)から3日(日)の間、カンボジア・シェムリアップ
   において、国連世界観光機関(UNWTO)、カンボジア観光省等の
   共催による文化・自然遺産の観光開発に関する地域会議(UNWTO
   Regional Conference on Tourism Development in Cultural and
   Natural Heritage Sites)が開催されました。
○本会議は、重要な観光資源である文化・自然遺産を維持管理すると
   ともに観光資源として活用し続けるための各国の取組等について、
   意見交換が行われました。
○我が国からは、松山良一・日本政府観光局(JNTO)理事長が出席し、
   富士山・石見銀山・屋久島の3事例を用いて日本の世界遺産での
   観光開発の取組を紹介するとともに、日本のアンコールワット遺跡
   保存への協力実績を報告し、世界遺産における観光開発の課題と
   提言を示すプレゼンテーションを行いました。
 【参考】文化・自然遺産の観光開発に関する地域会議について
 
1.日          時    :    平成25年11月1日(金)~平成25年11月3日(日)
 
2.場          所    :    カンボジア・シェムリアップ
 
3.主な出席者   :    松山良一 日本政府観光局(JNTO)理事長
                              タリブ・リファイ UNWTO事務局長
                              タン・コン カンボジア観光大臣
 
4.結  果  概  要 : 添付資料をご参照下さい

関係WEBサイト  :  UNWTOサイト
http://asiapacific.unwto.org/en/event/unwto-regional-conference-tourism-development-cultural-and-natural-heritage-sites-0
 
☆添付資料:
このページに関するお問い合わせ
観光庁国際会議等担当参事官室 貴田、村松
TEL     03-5253-8111(内線27-604)
            03-5253-8938(直通)
FAX     03-5253-1563