ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2015年 > -地域ならではの魅力を持つ、特別な場所で特別な体験を-
「ユニークベニュー ベストプラクティス集」を作成しました
ページ本文

-地域ならではの魅力を持つ、特別な場所で特別な体験を-
「ユニークベニュー ベストプラクティス集」を作成しました

印刷用ページ

最終更新日:2015年7月31日

 海外では、国際会議・インセンティブ旅行等の開催や実施に際し、文化施設や歴史的建造物等を利用したレセプションや会議等を開催することが一般的となっています。  日本においても、こうした特別感や地域特性を演出できる会場(=「ユニークベニュー」)の開発・利用を促進するため、観光庁では、ユニークベニュー利用促進協議会において検討を重ねてまいりました。  
 今般、ユニークベニューの開発・利用促進のため制度の運用上の課題などを整理し、利用者や施設管理者等の参考となる好事例集を取りまとめた、ベストプラクティス集を作成しました。
 また、ユニークベニューとして利用・開放可能な全国主要都市の歴史的建造物、神社仏閣、城郭、公園・庭園等のユニークベニューリストをまとめ、観光庁のホームページで公開しましたので、お知らせします。
 ユニークベニューリストは、今後、日本政府観光局(JNTO)の英語版ホームページにも掲載され、海外に向けても発信していきます。    
  • ユニークベニュー ベストプラクティス集 -地域ならではの施設の新たな可能性に向けて-
  • ユニークベニューリスト
いずれも下記からご覧いただけます。
 http://www.mlit.go.jp/kankocho/page07_000020.html


報道発表資料[PDF:136KB]
このページに関するお問い合わせ
観光庁参事官室(国際会議等担当)
佐藤、篠原
代表TEL:03-5253-8111(内線27-607)
直通TEL:03-5253-8938  FAX:03-5253-1563