ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2016年 > UNWTO・観光庁共催「観光と技術に関する国際会議」を開催
ページ本文

UNWTO・観光庁共催「観光と技術に関する国際会議」を開催

印刷用ページ

最終更新日:2016年5月13日

 観光庁は、6月2日、国連世界観光機関(UNWTO)と共催で「観光と技術に関する国際会議」を奈良で開催し、日本の交通技術や観光関連のIT技術などの最先端技術を国内外に発信するとともに、同分野における異業種間の取組事例などを紹介し、技術革新が観光をどのように変えていくのかを議論します。
1. 日時
平成28年6月2日(木)9:30~17:30

2. 開催場所
なら100年会館「大ホール」 (住所:〒630-8121 奈良県奈良市三条宮前町7-1)

3.プログラム
・ セッション1 「旅行及び観光産業における新たな技術利用の可能性と課題」  
 プレゼンター:マイクロソフト社、アマデウス社、JR西日本等を予定。

・ セッション2 「観光地における新たな技術利用の可能性と課題」  
 プレゼンター:日本旅行業協会、香港観光局、マレーシア観光局、インド観光局          
 イラン観光機関等を予定。

・ 観光と技術に関するショーケース  
 企業等から我が国の観光に利用可能な技術を紹介。  
 ハウステンボス(「変な」ホテル)、ぐるなび等を予定。

・ セッション3 「観光及び旅行分野における革新的取組と新たなビジネスモデル」  
 プレゼンター:星野リゾート、トリップアドバイザー等を予定。

4.主な出席者(予定)
石井国土交通大臣、田村観光庁長官、田川日本旅行業協会会長、
松山日本政府観光局理事長 等
タレブ・リファイ国連世界観光機関事務局長

約29カ国2地域の閣僚等の政府関係者や観光産業関係者

5.一般参加者の申込み方法
標記国際会議に参加ご希望の方は、下記URLより申込みください。
申込期限は 5月25日(水)です。(定員に達し次第締め切らせていただきます) → https://tbwv.heteml.jp/form/unwto/

6. 備考
・ 日英同時通訳です。
・ 参加費は無料です。

※報道機関につきましては、後日、取材要領等詳細をお知らせします。
このページに関するお問い合わせ
観光庁国際関係参事官室  小柳、出澤、竹内
代表:03-5253-8111 内線:27-502、603、505
直通:03-5253-8922
FAX :03-5253-1563