ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2018年 > 「第17回ASEAN+3観光大臣会合」に簗国土交通大臣政務官が出席
ページ本文

「第17回ASEAN+3観光大臣会合」に簗国土交通大臣政務官が出席

印刷用ページ

最終更新日:2018年2月9日

 簗政務官は、1月25日(木)から27日(土)まで、タイ・チェンマイに出張し、「第17回ASEAN+3観光大臣会合」に出席しました。
  本会合において、簗政務官は、観光ビジョンに基づく日本の観光政策の動向、ASEANとの双方向交流の拡大に向けた協力等について発言し、ASEAN10ヶ国と日・中・韓の間の観光交流促進等について意見交換を行いました。

1.「第17回ASEAN+3観光大臣会合」  
 [1] 日程:平成30年1月26日(金)  
 [2] 場所:タイ・チェンマイ  
 [3] 概要:   
    〇ASEAN10ヶ国と日・中・韓の間の観光交流促進に関する意見交換を行いました。   
    〇簗政務官は、我が国の代表として、以下について発言しました。    
        ・ 観光ビジョンに基づく日本の観光政策の動向    
        ・ 2017年の訪日インバウンドの動向    
        ・ ASEANとの双方向交流の拡大に向けた協力等   
    〇ASEAN側の多くの大臣が、日本の協力に対して謝意を表明しました。

2.その他   
     〇チェンマイ交通事情(チェンマイ駅、長距離バスターミナル)の視察を行いました。

(参考)
ASEAN+3 ・・・ ASEAN10ヶ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、
           タイ、ベトナム)及び日本・中国・韓国