ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2019年 > 会議室だけではないG20 会場は「北海道」 ~G20観光大臣会合 充実のエクスカーション22コースを用意~
ページ本文

会議室だけではないG20 会場は「北海道」 ~G20観光大臣会合 充実のエクスカーション22コースを用意~

印刷用ページ

最終更新日:2019年9月5日

観光庁は、G20観光大臣会合実行委員会(事務局:北海道)と協力し、10月に開催するG20観光大臣会合で、代表団向けの22コースの充実したエクスカーション(ツアー)を提供します。会議室での議論だけでなく、開催地北海道の魅力を体感してもらい、代表団の記憶に残る大臣会合を目指します。

〇観光庁とG20観光大臣会合実行委員会(以下「実行委員会」)は、令和元年10月25日(金)及び26日(土)に北海道倶知安町で開催するG20観光大臣会合の代表団に北海道の魅力を体感してもらうため、充実した22コースのエクスカーション(ツアー)を用意しました(別紙参照)。

〇G20の関係閣僚会合で20を超える豊富なエクスカーションを提案する会合は他になく、これまでのG20で我が国が初めての開催となる観光大臣会合ならではのプログラムだと考えています。

〇各国・国際機関の代表の到着日である10月25日、会合当日の26日、帰国日の27日の3日間に渡って、半日のものから宿泊付きのものまで多様なツアーを代表団に提案し、代表団の記憶に深く残るG20観光大臣会合とすることを目指します。

【各ツアーの概要】(詳細は別紙をご参照ください)
<25日:代表到着日>ショートエクスカーション(担当:実行委員会 旅行実施:調整中)
前日に会場に到着する代表団や高級実務者級会合に出席しない代表が参加することを想定し、開催地周辺の後志管内を巡る午前1コース、午後3コースを用意。
<26日:会合当日>倶知安ナイト(担当:観光庁 旅行実施:(株)近畿日本ツーリスト北海道)
大臣会合終了後、倶知安町の市街地に移動し、地元の居酒屋やバーではしご酒。地元で愛される名店で、北海道・倶知安ならではの食文化や地域住民との交流を楽しむLocal Experienceを提供。
<27日:帰国日>ロングエクスカーション
[1]無料ツアー(担当:実行委員会 旅行実施:調整中)
会場から空港までの移動の機会をエクスカーションに活用。実行委員会が厳選した日帰り3コースと宿泊4コースを用意。
[2]有料ツアー(担当:観光庁 旅行実施:北海道内旅行会社各社)
北海道を知り尽くす地元旅行会社等が提案した17のコースから、日帰りと宿泊の10コースを選定。有料であってもなお代表団に選ばれるツアーは「G20観光大臣会合 観光庁オフィシャルエクスカーションとして認定します。
(過去の報道発表資料)代表団に選ばれるツアーはどれだ!~G20観光大臣会合エクスカーション10選を募集~
https://www.mlit.go.jp/kankocho/news07_000117.html
このページに関するお問い合わせ
【問い合わせ先】 観光庁国際観光部参事官(国際関係) 地主、近藤、鈴木
提出先メールアドレス: hqt-g20tourism2019-jpn@gxb.mlit.go.jp
代表:03-5253-8111  内線:27-508、27514、27509
直通:03-5253-8922  FAX番号:03-5253-8128