ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2019年 > 世界の観光大臣が待つ北海道に行くのは誰か?~G20観光大臣会合ピッチコンテストの開催~
ページ本文

世界の観光大臣が待つ北海道に行くのは誰か?~G20観光大臣会合ピッチコンテストの開催~

印刷用ページ

最終更新日:2019年9月17日

観光庁は、「観光×テック」*をテーマとしたピッチコンテスト**を10月1日に開催します。22か国108件の応募の中から厳選の20団体が出場します。観光分野の課題を解決する技術やサービスの内容を競い、特に革新的な3団体は、10月26日のG20観光大臣会合に登壇します。

                                                                                                      * 観光の多面的な発展に資する先進的な技術・サービス
                                                                                                      ** 自社のサービスや技術を短い時間でプレゼンし、その優劣を競うもの。 
 
〇観光庁では、令和元年10月1日(火)に「観光×テック」をテーマとしたピッチコンテスト「G20 Tourism Innovation Pitch」を開催します。22か国108件の応募の中から書類審査を通過した20団体(別添1)がピッチコンテストに出場し、観光分野の課題を解決する自社の技術やサービスを5分間のプレゼンテーションで紹介します。
 
〇持続可能な観光の実現に寄与するか、革新的で社会的な影響の大きいものであるかなどの観点から、観光とテクノロジーの専門家等が審査し、上位3者は、10月26日(土)に北海道倶知安町で開催するG20観光大臣会合で、各国・国際機関の代表団を前にプレゼンテーションをする機会を獲得します。
 
〇民間のベストプラクティスをG20観光大臣会合の場で共有し、活発に議論することで、全世界的な規模で持続可能な観光の実現に向けた取組が加速することを期待しています。
 
〇加えて、株式会社みずほ銀行、株式会社JTB、株式会社日本政策投資銀行のご協力により、ピッチコンテストに出場する20団体を、10月25日(金)にG20観光大臣会合のサイドイベントとして開催するビジネスマッチングに招待することとなりました。ピッチコンテストを通して発掘した革新的な技術やサービスを、北海道の観光関連企業等に紹介し、G20観光大臣会合の成果を開催地に還元します。
 
(過去の報道発表資料)世界の観光大臣に、挑む~G20観光大臣会合の登壇者をピッチコンテストで選抜~
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news07_000118.html
 
【G20 Tourism Innovation Pitch 概要】(詳細は別添1参照)
  日       時:10月 1日(火)13:30~17:15
  場       所:神田明神文化交流館地下1階 EDOCCO STUDIO
                               (東京都千代田区外神田2-16-2)

 (注)本ピッチコンテストは、フルオープンといたします。取材を希望する方は、9月27日(金)までに別添2「取材申込書」を送付下さい。
このページに関するお問い合わせ
【問い合わせ先】 観光庁国際観光部参事官(国際関係) 地主、淺野、今村
 代表:03-5253-8111  内線:27508、27502、27534
直通:03-5253-8922  FAX番号:03-5253-8128