ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2010年 > 観光立国ナビゲーター「嵐」の皆さんによる図書(「ニッポンの嵐」)の全国の小・中・高等学校等への寄贈への協力について
ページ本文

観光立国ナビゲーター「嵐」の皆さんによる図書(「ニッポンの嵐」)の全国の小・中・高等学校等への寄贈への協力について

印刷用ページ

最終更新日:2010年9月10日

  観光庁では、国内観光の活発化や外国人訪日旅行の促進に向けた観光政策の一環として、観光やその基盤となる地域の魅力に対して次世代を担う児童・生徒に理解や関心を深めてもらう観光立国教育の推進にも鋭意取り組んでおります。

  観光立国教育は、子どもたちの旅をする心、自らの地域を愛し、誇りに思う心を育み、将来の地域づくりの担い手を育成することなどを主たる目的とし、かかる観点から、学校において地域固有の文化・歴史や観光の意義などについての学習を行って頂くための素材の提供、教職員の方々への働きかけ、先進的事例に対する表彰、啓発イベントの開催等を展開しています。

  今般、このような観光庁の観光立国教育の趣旨に全面的にご賛同頂いた株式会社M.Co.様より、「観光立国ナビゲーター」としてボランティアで海外向けの訪日観光の顔としてのご協力して下さっている「嵐」のメンバーの方々を主役として観光立国教育の目的と共通するテーマに関する内容を盛り込んで同社が企画や製作等を行った図書「ニッポンの嵐」について、無償で全国の全ての小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校・高等専門学校に対して一校あたり二冊ずつ寄贈することといたしたく、寄贈先の各校において図書館で広く児童・生徒に閲覧され、活用されるように観光庁の協力をお願いしたいとのご要請を頂きました。

  当該図書は、「嵐」のメンバーが実際に全国の各地でその地域の魅力や地域社会の直面する課題などをめぐりそれぞれ自ら体験したことを若い世代向けにわかりやすく紹介し、当該体験を通じて得た思いを綴るなどして一冊にまとめた内容となっており、発行元である株式会社M.Co.様のご負担で、観光立国教育の観点からの活用を目的とした学校への寄贈のみを目的として企画・編集・製作・配布される非売品の書籍です。

  観光庁では、各学校においてご活用頂ける素材の一つとして大変有意義な内容・構成になっていると判断し、文部科学省とも連携して、各都道府県教育委員会等に対して学校への配布と活用にご理解とご協力をお願いする文書(別添1)を送付するなどの協力を行っているところです。
 

このページに関するお問い合わせ
観光庁国際交流推進課外客誘致室 河田、尾羽根
 代表 03-5253-8111 (内線 27502、27513)
 直通 03-5253-8923