ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2012年 > 韓国政府による訪日渡航情報の緩和(お知らせ)
ページ本文

韓国政府による訪日渡航情報の緩和(お知らせ)

印刷用ページ

最終更新日:2012年7月23日

~福島県全域への渡航自粛を渡航注意に引下げ~

○7月23日、韓国外交通商部は、福島県への渡航情報の緩和を発表しました。
  ・福島県全域(下記地域を除く)への渡航情報レベルの引き下げ(渡航自粛→渡航注意)
  ・渡航制限対象地域の縮小。
○観光庁としては、今回の渡航制限緩和を契機に、回復が遅れる韓国人訪日観光の早期回復に向け、引き続き取り組んでまいります。
○今回の渡航情報緩和を受けた羽田国土交通大臣のコメントは別紙のとおりです。

 このたび、韓国政府による日本への渡航情報が下記のとおり緩和されましたので、お知らせいたします。


 【渡航情報緩和前】 
  ○渡航制限(旅行警報第3 段階)
   ・福島第一原発から半径30km以内地域及び福島県飯舘村、川俣町、田村市、南相馬市
  ○渡航自粛(旅行警報第2 段階)
   ・福島県全域(渡航制限地域に指定された地域以外の地域)

      ↓

 【渡航情報緩和後(7月23日より)】
  ○渡航制限(旅行警報第3 段階)
   ・福島第一原発から半径30km以内地域及び計画的避難区域(※) 
 ○渡航注意(旅行警報第1 段階)
   ・福島県全域(渡航制限地域に指定された地域以外の地域)

   ※計画的避難区域(2011年4月11日 日本政府発表)
     福島第一原発から半径20キロ圏外の5箇所(葛尾村、 浪江町、飯舘村、川俣町の一部及び南相馬市の一部) 

   ※韓国における渡航情報
     第4段階(渡航禁止)、 第3段階(渡航制限)、 第2段階(渡航自粛)、 第1段階(渡航注意)


福島県への渡航情報の見直しについては、韓国文化体育観光部に対し、室井政務官による要請(5月3日:於韓国)、奥田副大臣による要請(7月18日:於福島県二本松市)など、これまで様々な機会を捉えて働きかけを行ってきたところです。
観光庁としましては、回復が遅れる韓国からの訪日観光の早期回復に向け、引き続き鋭意取り組んでまいります。

このページに関するお問い合わせ
観光庁 国際交流推進課外客誘致室 多田・上井(うわい)
TEL:03-5253-8111(内線27516) 夜間直通 03-5253-8923
FAX:03-5253-1563