ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2014年 > 世界の閣僚・有識者に日本の魅力をPR~OECDウィーク(日本のOECD加盟50周年)の機会を活かした訪日プロモーション~
ページ本文

世界の閣僚・有識者に日本の魅力をPR~OECDウィーク(日本のOECD加盟50周年)の機会を活かした訪日プロモーション~

印刷用ページ

最終更新日:2014年4月30日

観光庁は、日本政府観光局(JNTO)と共に、5月5日~7日までフランス・パリで開催
されるOECDウィーク(OECDフォーラムとOECD閣僚理事会)の場において、
ビジットジャパン事業として訪日観光PRブースを設置し、参加するOECD加盟国等
の閣僚や、加盟国以外も含めた世界の有識者などに日本の魅力をPRします。

OECDウィークは、日本のOECD(経済協力開発機構)加盟50周年という節目の
年に、安倍総理も出席して日本が議長国として主導的に実施するもので、34の加盟国等
の閣僚が出席する閣僚理事会と、加盟国以外を含む世界の有識者などが1,500人以上
参加するOECDフォーラムを主要行事としています。

このように世界的に発信力のある大勢の方が集まり、多くの海外メディアによる取材も
期待される場において訪日観光PRブースを設置し、農林水産省の食のPRや外務省・
国際交流基金の日本文化紹介等と連携し、さらに在外公館の海外ネットワークを利用
することにより、日本の魅力を効果的に発信して、更なる訪日旅行促進を図ります。


                     記

【OECDウィーク】
〇日程:平成26年5月5日、6日(OECDフォーラム)
     平成26年5月6日、7日(OECD閣僚理事会)
〇場所:フランス・パリ OECD本部(会議場フロア中央)

<訪日観光PRブースの概要>
〇映像で日本の魅力を紹介するほか、パンフレット、地図等を用いて日本の様々な魅力
を具体的に紹介します。


訪日観光PRブース
【訪日観光PRブース】
このページに関するお問い合わせ
観光庁日本ブランド発信・外客誘致担当参事官付
担当:藤本

TEL:03-5253-8111(代表)
   (内線)27524
   03-5253-8922(直通)
FAX: 03-5253-1563