ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2014年 > 観光立国ナビゲーター「嵐」が日本流のおもてなしを支える“裏方”を初体験!<「おもてなし ニッポン」訪日促進ムービー&パンフレット>
ページ本文

観光立国ナビゲーター「嵐」が日本流のおもてなしを支える“裏方”を初体験!<「おもてなし ニッポン」訪日促進ムービー&パンフレット>

印刷用ページ

最終更新日:2014年10月23日

 観光庁は、訪日旅行の魅力を海外にPRする観光立国ナビゲーターの「嵐」を起用し、「おもてなしニッポン」をテーマにした訪日促進ムービー及び訪日促進パンフレットを、11月から海外における国際旅行博などで放映・配布いたします。

観光立国ナビゲーターの「嵐」について

 観光庁は2010年よりアーティストグループ「嵐」の皆さんに、訪日観光の魅力をPRする「観光立国ナビゲーター」に就任いただき、ボランティアでご協力いただいています。

【これまでの主な活動実績】
2010年4月 8日:「観光立国ナビゲーター」就任
2010年9月10日:「嵐」のメンバーを主役に、観光立国教育をテーマとする図書「ニッポンの嵐」を制作し、全国の小・中・高等学校等へ寄贈
2011年7月11日:震災直後から多くの国や地域からのご支援に対し、日本人の深い感謝の気持ちを込めたメッセージフィルム『Message from Japan』への出演
2011年11月3日:東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県・宮城県・福島県に対し、観光と教育の再生のために寄付金をお贈りいただく
2013年12月2日:訪日外国人旅行者数1,000万人を目前に、訪日への感謝の気持ちをアピールするため、国際線6空港でお出迎え広告キャンペーンへのご協力

 「嵐」は、2009年に、オリコン年間チャートシングル部門で史上初めて2年連続1位、2位を独占し、年末のNHK紅白歌合戦に初出場を果たすなど、子どもからお年寄りまで、幅広い層から支持を集める人気グループです。また、中国(上海)、韓国(ソウル)、台湾(台北)でも公演実績があり、広く東アジア諸国・地域においても、大変多くの人々から親しまれています。
 そのような若くエネルギッシュな「嵐」の皆さんを、「観光立国ナビゲーター」として起用することで、主要な訪日国である東アジア諸国をはじめとするアジア地域における将来の訪日層の共感を得るとともに、メンバーひとりひとりの個性やグループとしての躍動感によって、幅広い世代の方々に、日本に対して、より親しみやすいイメージを持っていただくことができると考えています。

訪日促進ムービー&パンフレットについて

 2013年に訪日外国人旅行者が初めて1,000万人を突破し、政府が2020年開催のオリンピック・パラリンピック東京大会までに、年間2,000万人に増やす目標を掲げるなど、今後ますます外国人旅行者の増加が見込まれます。この度、日本を訪れる外国人旅行者への情報提供やまだ見ぬ地方都市に行きたいという思いを後押しするコミュニケーションツールとして、観光立国ナビゲーターの「嵐」を起用した、訪日促進ムービー及びパンフレットを制作しました。
 訪日促進ムービー及びパンフレットのテーマは「おもてなしニッポン」。嵐のメンバーは冒頭、松の画の舞台に、古典芸能の世界でお馴染みの黒衣(くろこ)スタイルでシンボリックに登場します。その後、それぞれ「泊まる」「買う」「食す」「観る」「浴す」という5つの言葉で表現される、「老舗旅館の下足番(櫻井翔さん)」「土産屋の売り子(相葉雅紀さん)」「板前(松本潤さん)」「庭師(二宮和也さん)」「銭湯絵師(大野智さん)」に扮して、日本流のきめ細やかなおもてなしを陰で支える“裏方”を体験。実際に職人さんやお客さんと交流しながら、人をもてなす気持ちや思いやりを学ぶ5人の姿を通じて、外国人旅行者に日本の「おもてなし」を紹介します。スポットライトを浴び続ける嵐が、表舞台を輝かせる、あえて地味で目立たない裏方を演じる数々のシーンは、一番の注目ポイントです。

訪日促進ムービー&パンフレット放映・配布概要

【仕様】
○訪日促進ムービー=[1]180秒/[2]60秒/[3]30秒
○訪日促進パンフレット=B5サイズ(予定)/4色24頁/30万部  ※4言語分(英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語)制作

【内容】
○「嵐による「日本のおもてなし」の真髄を探る」

【放映・配布期間 (予定)】
○2014年11月~
 
【訪日促進ムービー(放映予定)】
○JNTO(日本政府観光局)ウェブサイト、航空機内ビデオ、海外の国際旅行博におけるビジット・ジャパンブース 等

【訪日促進パンフレット(配布予定)】
○現地旅行会社(地方誘客を促進するため、「地方」を巡る訪日旅行商品を購入した海外の一般消費者への配布等)、
海外の国際旅行博におけるビジット・ジャパンブース 等

このページに関するお問い合わせ
観光庁日本ブランド発信・外客誘致担当参事官付 高石
代表:03-5253-8111(内線27-505)
直通:03-5253-8922、FAX:03-5253-1563