ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2015年 > 観光庁がアジア地域国際航空路線商談会へ参加~過去最多となる33空港の協力を得て、地方空港への就航を働きかけます~
ページ本文

観光庁がアジア地域国際航空路線商談会へ参加~過去最多となる33空港の協力を得て、地方空港への就航を働きかけます~

印刷用ページ

最終更新日:2015年3月13日

○ 観光庁と日本政府観光局(JNTO)は、国土交通省航空局及び地方空港が所在する道府県の協力を得て
  アジア地域国際航空路線商談会(Routes Asia)に参加します。
○ 今回は、過去最多となる24道府県33空港の協力を得て、アジアを中心とした航空会社に対し、
  航空路線の開設、増便を働きかけるとともに、訪日観光の魅力をPRします。

1.アジア地域国際航空路線商談会(Routes Asia 2015)の開催概要
日 程: 平成27年3月15日(日)~ 17日(火)
開催地: 中国昆明市
参加者: アジアを中心とした国・地域の航空会社、空港会社及び観光関係組織
主 催: UBM Information Ltd.(英国)
 ※ 「Routes Asia」への参加は2回目。また、全世界の航空会社が集う「World Routes」を含めて4回目。

2.観光庁の事業概要
(1) 個別商談会への参加
・ 主に日本の航空オープンスカイ協定締結相手国・地域の航空会社と個別アポイント面談を行い、地方空港の基本情報、
  就航に関するインセンティブ情報及び周辺観光情報等を提供し、チャーター便を含む国際航空路線の開設・増便を
  働きかけます。

(2)ビジット・ジャパン ブースの設置
・ 会場内にビジット・ジャパン ブースを設置して訪日観光の魅力を発信するとともに、航空会社と自由面談を行います。

(3)関連事業、その他
・ 地方空港への就航を促すため、路線開設等に合わせたビジット・ジャパン事業での共同広告等を提案します。
・ 昨年9月の「World Routes 2014」で面談した外国航空会社によって、これまでに多くの国際航空路線が開設又は
  増便され、また、国際チャーター便が運航されています。
(例)
○セブ=中部便(12月開設)○成都=南京=福岡便(1月開設)○高雄=札幌便(2月開設)
○高雄=那覇便(2月開設)○寧波=静岡便(3月開設予定)
○バンコク(ドンムアン)=札幌便(5月開設予定)等
このページに関するお問い合わせ
観光庁日本ブランド発信・外客誘致担当参事官付  
佐久間・柳 
代表:03-5253-8111(内線:27523・27525)      
直通:03-5253-8922 FAX:03-5253-1563