ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2015年 > 「平成27年度訪日プロモーション方針」を決定しました~ 地方への誘客促進と訪日シーズンの分散化により、新たな訪日シーズンの創出・定着を図ります ~
ページ本文

「平成27年度訪日プロモーション方針」を決定しました~ 地方への誘客促進と訪日シーズンの分散化により、新たな訪日シーズンの創出・定着を図ります ~

印刷用ページ

最終更新日:2015年5月29日

〇観光庁は、マーケティング戦略本部において、ビジット・ジャパン事業の実施に当たっての基本方針である
 「平成27年度訪日プロモーション方針」を決定しましたので、お知らせします。

<平成27年度訪日プロモーション方針のポイント>
〇地方への誘客促進
  外国人旅行者の地方への誘客を図るため、市場ニーズ等を踏まえ、重点的にプロモーションで誘客を図る地域を設定しました。 
[具体的なプロモーション方針の例]
・台湾は、比較的訪問者数が少ない東北、中国、四国地方の魅力を重点的に発信し、地方への誘客を図るとともに、冬の需要を
 喚起するため、東北地方を中心としたスノーリゾート等のプロモーションを行います。
・豪州は、北海道や長野に集中している冬のウィンタースポーツ層を、新潟、東北等にも広げるべく、スノーリゾートのプロモーションを
 より一層強化します。
 
〇訪日シーズンの分散化(新たな訪日シーズンの創出・定着)
  訪日時期の分散化を図るため、市場ごとの訪日需要の動向を踏まえ、プロモーションのターゲットとする時期を設定しました。
[具体的なプロモーション方針の例]
・シンガポールは、クリスマス休暇や長期の学期末休暇が重なる最大の訪日シーズンである11月末~12月末に加え、長期の学期末
 休暇があり、比較的訪日者数が多い5月下旬~6月末をターゲットに、直行便が就航している中部や福岡を起点とした地方へのプロ
 モーションを強化します。
・ベトナムは、訪日のピーク期である4月、10月に加え、ベトナムの旧正月があり、最大の旅行シーズンである2月についても訪日需要
 を創出すべく、プロモーションを展開します。
 
 
訪日プロモーション方針は、今後とも、マーケティング戦略本部において、不断の見直しを行って参ります。

 
     ※全市場のプロモーション方針は以下のホームページをご覧ください。
       観光庁HP http://www.mlit.go.jp/kankocho/page08_000061.html
       日本政府観光局HP http://www.jnto.go.jp/jpn/services/promotion_policy_h27.html
このページに関するお問い合わせ
観光庁国際観光課
  山田(内線27-402) 久原(内線27-517)
  恒石(内線27-507) 鈴木(内線27-523)
 TEL 03-5253-8111(代表)
      03-5253-8324(直通) FAX  03-5253-1563