ページトップ

[本文へジャンプ]

観光庁
観光庁ホーム > 平成30年7月豪雨 関連情報(広島県)
ページ本文

平成30年7月豪雨 関連情報(広島県)

印刷用ページ

最終更新日:2018年10月4日

〇広島県の宿泊施設・観光施設は豪雨の影響により一部の施設が影響を受けましたが、広島市中心部の平和記念公園・原爆ドーム、廿日市市の宮島・嚴島神社、福山市の鞆の浦、尾道市のしまなみ海道、竹原市の大久野島、三次市の広島三次ワイナリー、安芸高田市の神楽門前湯治村、庄原市の備北丘陵公園等の多くの観光施設が、通常通り運営・営業しています。
〇高速道路アクセスについては、現在は確保されています。
〇JR西日本の鉄道の一部路線で列車の運転を見合わせていますが、山陽新幹線は通常どおり運行されています。また、運休している路線の一部区間では、バスによる代替運行を行っています。  
最新の情報については、以下をご覧ください。
 

広島県内の観光地への影響等について

広島県内の道路の状況について

広島県内の交通情報について

外国人観光客に向けた情報発信について