ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について
ページ本文

政策について

「観光庁は、何をやるのか?」それは・・・

  1. 国際競争力の高い魅力ある観光地づくりを支援します。
  2. 海外との観光交流を拡大します。
  3. 旅行者ニーズに合った観光産業の高度化を支援します。
  4. 観光分野に関する人材の育成と活用を促進します。
  5. 休暇取得の推進や日本人海外旅行者の安全対策など観光をしやすい環境の整備を行います。

ここでは観光に関する施策をご紹介します。

政府は、観光立国実現に向けた施策について、関係行政機関の綿密な連携を確保し、その効果的な推進を図るため、観光立国推進閣僚会議(全閣僚(主宰:内閣総理大臣))を立ち上げ、「観光立国実現に向けたアクション・プログラム」を策定し政府一丸となって取り組んでいます

訪日外国人旅行者数2000万人の高みを目指すために、外国人旅行者の不便や障害、不安等を徹底的に解消するとともに、訪日外国人旅行者の満足度を一層高めることが重要です。
このため、国・地方公共団体・民間事業者等が連携し、訪日外国人旅行者の受入環境の整備・充実を総合的に推進することで、全国的に訪日外国人旅行者が安心して快適に、移動・滞在・観光することができる環境を提供し、訪日外国人旅行者の訪問を促進するとともに、満足度を高め、リピーターの増加を図ることを目指しています。

海外との観光交流を推進します。

旅行者ニーズに合った観光産業の高度化を支援します。

観光分野に関する人材の育成と活用を促進します。

 観光庁では顕在化していない需要を掘り起こし、交流人口の拡大による地域の活性化を図るために、休暇取得の促進に取り組んでおります。