ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 人材の育成・活用 > 観光カリスマ一覧 > 山口 昭(やまぐち あきら)
ページ本文

山口 昭(やまぐち あきら)

印刷用ページ

最終更新日:2010年4月12日

(株)木の城たいせつ 元代表取締役会長
山口 昭

主な経歴

1931年
北海道浜益郡浜益村字千代志別に生まれる。
1950年
日本建築の宮大工棟梁に弟子入り。
1960年
匠建設(株)設立[社名変更にて1965年弘匠建設(株)、1975年(株)耐雪ハウス事業、1988年(株)木の城たいせつ現在に至る]
1970年
日本で初めて『無落雪建築』の専業化。
1976年
直営で冬も施工する通年施工・通年雇用を完全実施。
1978年
栗山町に北海道の木を活用する工房「住財高度加工物流センターを操業。
1982年
宿泊体感のできる本格的なテーマパーク「北海道21世紀の村」開村(栗山町)。
1996年
米国・ハーバード大学との共同研究実施。
1997年
地球環境と家族の健康を守る知恵と真心のシンクタンク(株)冬総研創設。

カリスマ名称

『住んで良しの観光地づくり』のカリスマ
 北海道の自然の木だけを使った住宅を北海道内でのみ供給し、北海道の住み良さを観光資源化している。  

選定理由

 「北海道」にこだわり、北海道の自然の木だけを使った住み良い住宅を供給して、冬が厳しい北海道を「住み良い」地域にすることを提案し、宿泊体感できるテーマパークを開設するなど、『バイオ・リージョン』の考え方を徹底して、住宅を通じた観光資源づくりを実践した。

具体的な取り組みの内容

 夕張郡栗山町は札幌市から東に40㎞、千歳空港から30 ㎞に位置し、稲作や畑作を中心とする一次産業中心ののどかな田園地帯であり、全国有数の過疎地域でもある。ここに、昭和57年(1982年)から現在に至るまで、北海道はもとより、全国、そして、諸外国から140万人の来場者が訪れている敷地面積65,000坪の「木の城たいせつテーマパーク」がある。ここでは、地球環境の保全に貢献しながら北海道の資源を有効活用する地産地消型の「木の工房」があり、木を活かす知恵を実践公開している。また、生活者の健康で安全な生活を取り巻く衣・食・住の生活環境の視点から研究し、情報提供と体験による実感型の「カルチャーショックパーク」がある。
栗山町
その中には、地域の一次産業の生産者が、消費者と顔の見える直接交流によって安全な食材、加工製品を提供する「広場」や、そうした北海道の食材を活用して、健康増進や病気予防につながる食を研究する食堂「健食館」がある。さらに、家族で宿泊体感できる「北海道21世紀の村」によって構成されている。

一般常識の概念を超えた、北海道と環境と健康へのこだわりを貫き、体感学習型のテーマパークとして高く評価され、年々来場者が増え、現在では年間約9万人の来場者が訪れている。そして、特筆すべきことは、来場者が三世代家族など幅広い年齢層に及んでいるということである。また、小学生・中学生・高校生の社会学習や、大学生が研究のために訪れている。さらに、1992年にカナダ政府主催で開催された世界環境会議「グローブ92」に参加し、持続可能な開発を実践する山口氏の取り組みが絶賛されて以来、地球環境学者や研究者、大手企業経営者、土木・建設・住宅関連業者が年々増加している。
 このような、住宅をテーマにした観光資源づくりを実践したのが、山口昭氏である。
さまざまな生活提案の学習や宿泊体感ができる「北海道21世紀の村」
さまざまな生活提案の学習や宿泊体感ができる
「北海道21世紀の村」

人生観と経営実践に貫かれた『もったいない』精神と北海道へのこだわり

強烈な北海道の開拓者精神を持つ祖父と、積雪寒冷地にありながら、一年を通して、あらゆる事業を循環させながら、自立型の地域を実現していた父の知恵の影響を受けた山口氏の人生観には、「どんなものにも無駄がない」という仏教用語で知られる『もったいない』精神がある。そして、山口氏の経営において、この精神が実践されている。自然の中で育まれたものは、何ひとつとして無駄なものはなく、畏敬の念と感謝、そして、愛情を持って全てを生かし切るという考えから生まれたアイディアによってテーマパークが構成されている。

山口氏は木の事業家を志し、18歳で日本建築の精神と知恵と心を学ぶために、宮大工に弟子入りした。それ以来、今日に至るまで、自然環境や生活する人の健康、そして地域活性化にとって一番好ましいという理由から、北海道の住宅は、北海道の気候風土の中で育った木でつくるという事にこだわっている。また、日本古来の伝統建築の匠の技を用いて、耐久性の高い100年住宅をつくり続けている。住宅は25年、30年で建て替えるもの、木材は安い輸入材を使うものという、今までの住宅建設の常識とは全く反対の視点で、北海道の優れた価値を生かすことに徹した住環境づくりを追求している。
子供たちに大人気。木で遊び、木に親しむ「トンカチ広場」
子供たちに大人気。
木で遊び、木に親しむ「トンカチ広場」

北海道の木を活かす環境保全型「木の工房」

森林の成長段階で発生する間伐材や小径木、さらに、曲がっている木は、一般ではほとんど使用されずに捨てられている。しかし、山口氏は、宮大工の木を活かす知恵を応用して、この小径木、間伐材、未
利用材を徹底活用することに努めている。

今日では、原木から原木から製材、木材乾燥、集成積層材生産、部材加工(構造材・下地材・造作材・仕上材)、家具生産、建具生産、自然オイル塗装、施工現場への流通・物流に至るまでのあらゆる工程を自社で一貫生産している。さらに、施工現場でも、施工と施主の入居後のアフターサービスまでも自社社員による直営体制で行っている。化学素材・化学建材を徹底排除して、自然素材でつくっているため、100年後における建て替え時においても、再利用、リサイクルが可能である。廃棄されることがあっても環境への負荷は極めて少ない。

「設計から廃棄」までの住宅のライフサイクル全体に及ぼす材料、エネルギー等の削減、再利用、リサイクルを徹底したシステムにより、環境保全に成果を上げている。そして、山口氏の独創的な発想によって生まれたこの実践を公開している。
木の工房を熱心に視察する海外の研究者
木の工房を熱心に視察する海外の研究者

本物の価値に気付く学習会(健康生活文化学習会)

 昭和59年(1984年)12月からスタートした「健康生活文化学習会」は、延べ1059回(2003年5月11日現在)、毎週日曜日に休むことなく開催されている。この学習会は、1500名収容の「国際環境コンベンションホール」にて、山口氏が自ら講師として生活者に直接語りかけている。「地球環境と家族の健康を守る」をテーマに、毎回、実学からの事実・真実、本物の北海道の素晴らしい価値について、環境・健康・家族生活・文化など総合的な視点から、 21世紀の豊かさ実現に向け、問題解決型の学習会となっている。全道各地から毎回300人~500人が参加している。
毎週日曜日に学習会が開催される「国際環境コンベンションホール」(1500名収容)
毎週日曜日に学習会が開催される
「国際環境コンベンションホール」
(1500名収容)

宿泊体感のできる「木の城住宅」

「北海道21世紀の村」には、1棟1棟生活プランの異なった実物住宅が建築されている。ここには、1日100名までの宿泊が可能となっており、家族ぐるみで宿泊ができる。化学素材の接着剤や塗料、化学建材を徹底排除した自然素材住宅、そして、高気密・高断熱24時間機械換気方式ではなく、宮大工の匠技術によるハメ込み・組み込み工法によって自然呼吸する室内は、部屋に入った途端に空気が優しく、免疫系が機能しやすくなっている。家族の健康を守る本物の健康住宅が実感できるようになっている。

また、暖房においても、山口氏は北海道の土を焼いたレンガを積み上げたポット式石油ストーブたった一台で暖房できるペチカを開発している。一般の在来工法によるエネルギー消費の1/5であり、高気密住宅に比べては1/2という超省エネルギー暖房なので、環境への負荷も少ない。レンガから出る遠赤外線は人体の血流を良くする健康暖房でもある。

この室内空気質が米国・ハーバード大学公衆衛生大学院から高い評価を受け、1996年には同大から「ジョン・ハーバード・フェロー」の称号を授与され、「環境保健ならびに人と住居に関する国際共同研究」を実施している。さらに、最高の室内空気質の木の城住宅が化学物質過敏症患者の治療に有効であると判断され、日本で初めて産・学・官共同による化学物質過敏症患者のための研究住宅として、山口氏が直接関わり旭川市内に建設。現在、全国から患者の転地療養のため活用されている。
宿泊体感客どうしがコミュニケーションを深める楽しいバーベキュー
宿泊体感客どうしがコミュニケーションを
深める楽しいバーベキュー

健康で安全な「衣・食・住」を実践

通年農業開発として、トマト農園では、冬期間休業する季節農業ではなく、一年を通して経営できる通年栽培を研究・実践している。50メートルのビニールハウスを18棟つくり、年間70トンの生産を目指している。化学肥料や農薬を極力使わずに、人間の健康によい食材を通年でつくることで、元気な一次産業の経営が実現できる。地域に定住し、後継者を育成し、代々受け継ぐことで地域の活性化につながる研究を実施している。

収穫されたトマトは、テーマパークの来場者に食事や土産として販売している。また、木の城住宅を建設し、生活している農業経営者のために彼らが生産した、健康で安全な食材や加工品を顔の見える直売場として「中庭」を提供している。

さらに、農園では、地域主義の一環として、地元の特産物販売を行っている。また、「健食館」では、北海道の食材にこだわり、健康で安全な料理づくりに取り組み、来場者や宿泊者や従業員の食事を提供している。

バイオ・リージョン(生命地域)の実践

20世紀の経済成長は、近代化学文明の発展のもと、画一的な物を大量に生産し、日本全国あるいは、全世界へと、水平的に、大量に販売していった結果、大量消費社会が生まれ、経済大国日本ができあがった。しかしながら今日では、発展の陰で大量消費社会のひずみが生まれ、苦しい経済状況となっている。
山口氏がこだわり、実践している北海道の家は、北海道の資源を使い、北海道の人間がつくり、北海道だけに供給するといった垂直的な考え方『バイオ・リージョン(生命地域)』である。そして、このバイオ・リージョン思想が20世紀の問題点を解決するキーワードとして注目されてきた事が、現在も道内はもとより、日本全国や海外からの来場者が絶えない理由である。

最近、「本州にも木の城住宅を建ててほしい」という要望が多く寄せられているが、山口氏は「木の城に住みたければ、北海道に移住して、建てて下さい」としていずれも断っている。その結果、函館市、帯広市、伊達市などに本州より移住し、木の城住宅を建設する実例が増えている。

誰もが行ってみたくなる、住んでみたくなる。そこに人々が動き、地域を元気にし、持続可能な経済が生まれる。21世紀の観光の原点と評価できる。