ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 過去の施策・統計
ページ本文

過去の施策・統計

  • 訪日外国人旅行者に対応した研修の実施 外国人旅行者への旅行関連情報の提供の更なる充実や外国人旅行者への接遇の向上を目的として「訪日外国人観光案内基本マニュアル」の作成や、全国各地で訪日外国人旅行者への接遇に関する研修会を開催しています。
  • 多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル外食産業の向上・充実を図ることを目的として、「多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル」を作成しています。
  • 観光活性化標識ガイドライン 観光庁では、観光関連施策の説明や意見交換の機会として、各種協議会等を開催しています。
     このような協議会等を通じて、地域との連携強化や情報の共有を積極的に行っています。
  • 観光圏整備事業補助制度・観光まちづくりコンサルティング事業
  • 公共交通機関における外国語等による情報提供外国人旅行者が1人歩きできる社会を目指して、公共交通機関などにおける外国語等の情報提供の促進に関する施策を紹介しています。
  • 観光カリスマ塾観光カリスマの活躍した地域で、観光カリスマを講師に迎え、その成功のノウハウの伝授、活動の現場体験、受講者によるワークショップなどをセミナー形式で集中的に行い、地域の観光振興を担う人材を育成する「観光カリスマ塾」を実施しました。
  • 観光地域プロデューサー地域の観光振興の牽引役となる人材を欲している地域と、観光地域プロデューサー希望者とのマッチングを促進する「観光地域プロデューサー」モデル事業を実施しました。
  • 観光統計を活用した実証分析に関する論文 観光庁では、次世代を担う観光政策の研究者・実務者の研究を奨励するとともに、観光施策の企画・立案及び成果検証における観光統計の積極的な活用を促進することを目的として、「観光統計を活用した実証分析に関する論文」の募集を平成21年度から平成23年度まで実施しました。ここでは受賞論文を紹介します。
  • 観光おもてなし研究会 2000万人の高みを目指し、観光立国を実現していくうえで、地域の観光協会等(都道府県、市町村の単位で設置される観光協会等、地域の観光振興の中核的な役割を担う団体)の果たす役割はますます重要になっていることから、そのあり方を検討し、組織の活性化を図っていくことで、地域における国内外からの旅行者の受入体制の向上を図っていくことを目的に観光おもてなし研究会を設置いたしました。