ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 観光地域づくり > 観光ビッグデータを活用した観光振興/GPSを利用した観光行動の調査分析
ページ本文

観光ビッグデータを活用した観光振興/GPSを利用した観光行動の調査分析

印刷用ページ

最終更新日:2015年4月8日

観光ビッグデータを活用した観光振興

 情報通信技術を利活用した観光振興策について、来訪者の観光行動(旅行前、旅行中、旅行後)に即した形でサービスの内容の調査を行ったうえで、サービスごとの特性を整理し、観光地域づくりに取り組む地域の問題意識や来訪者のニーズに応じて、地域関係者が利活用できるサービスを提示する調査を行っております。
 また、訪日外国人を誘致する観点から、訪日外国人の旅行形態及び潜在的なニーズを把握するため、ICTを活用した動態調査を行っております。

GPSを利用した観光行動の調査分析

 GPS機能により蓄積される「位置情報」を活用することにより、観光地における来訪者の行動・動態について調査・分析し、その結果を地域の取組に反映していくことを可能とする手法を構築することを目的として、GPSを利用した観光行動の調査分析事業を行っております。
 観光地域づくりを通じた地域の活性化を図るためには、来訪者が地域に何を求めているのかを把握した上で、より来訪者のニーズに合致した取組を実施していくことが重要です。  ついては、平成25年度にGPS機能により許諾を得て蓄積される「位置情報」(個人情報は一切含まれない統計的なデータ)を活用し、観光地における来訪者の行動・動態について調査・分析し、その結果を地域の取組に反映していくことを可能とする手法の構築を目的に、GPSを利用した観光行動の調査分析事業を行っております。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光地域振興部観光地域振興課 御手洗(みたらい)、小泉(こいずみ)、目黒(めぐろ)
代表:03-5253-8111(内線27718)