ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 観光地域づくり
ページ本文

観光地域づくり

訪日外国人旅行者数2000万人の高みを目指すために、外国人旅行者の不便や障害、不安等を徹底的に解消するとともに、訪日外国人旅行者の満足度を一層高めることが重要です。
このため、国・地方公共団体・民間事業者等が連携し、訪日外国人旅行者の受入環境の整備・充実を総合的に推進することで、全国的に訪日外国人旅行者が安心して快適に、移動・滞在・観光することができる環境を提供し、訪日外国人旅行者の訪問を促進するとともに、満足度を高め、リピーターの増加を図ることを目指しています。

  • 観光地域づくり相談窓口観光による地域活性化を目指す地域の方々を対象に、関連施策の紹介や、関係省庁への仲介などで地域の取組を支援する「観光地域づくり相談窓口」を開設しています。
  • 日本版DMO
  • 観光地域づくり関連支援メニュー集観光地域づくりに取り組んでいる皆様が活用できる関係府省庁の支援施策を「観光地域づくり関連支援メニュー集」としてとりまとめました。
  • 観光圏の整備について平成20年に制定された「観光圏の整備による観光旅客の来訪及び滞在の促進に関する法律」(観光圏整備法)に基づき、各種法律の特例などにより「観光圏」の形成を支援し、国際競争力の高い魅力ある観光地域づくりを推進しています。
  • 観光地域づくりプラットフォーム

    観光地域づくりプラットフォームとは、着地型旅行商品の販売を行うため、地域内の着地型旅行商品の提供者と市場(旅行会社、旅行者)をつなぐワンストップ窓口としての機能を担う事業体です。

  • 観光地域ブランド確立支援
  • 広域観光周遊ルートについて
  • 地域資源を活用した観光地魅力創造事業
  • 観光ビッグデータを活用した観光振興/GPSを利用した観光行動の調査分析
  • ニューツーリズムの振興 ニューツーリズムとは、従来の物見遊山的な観光旅行に対して、これまで観光資源 としては気付かれていなかったような地域固有の資源を新たに活用し、体験型・交流 型の要素を取り入れた旅行の形態です。活用する観光資源に応じて、エコツーリズ ム、グリーンツーリズム、ヘルスツーリズム、産業観光等が挙げられ、旅行商品化の 際に地域の特性を活かしやすいことから、地域活性化につながるものと期待されてい ます。  観光庁では、地域の特性を生かし、かつ多様化する旅行者のニーズに即した観光を 提供するニューツーリズムの振興を図っています。
  • スノーリゾート地域の活性化に向けた検討会
  • 観光地域づくり事例集日本各地で熱意と創意工夫による魅力的な観光地域づくりが行われており、このような地域の取り組みの一部を紹介し、観光地づくりに取り組む方々へ広く参考となるよう事例をまとめています。
  • 滞在交流型観光に係る受入環境改善事業/地域観光イノベーション  旅行者のニーズの多様化、旅行スタイルの変化等に対応した魅力ある観光地域づくりを推進するため、新たなモデルの構築に繋がる観光地域づくりの先進的な取組を実施し、そこから得られた成果と課題を分析することで、観光地域づくりに寄与することを目的とするものです。
  • 観光地域づくり実践プラン地域特性を踏まえた観光戦略に基づき、観光を軸とした地域の幅広い関係者が連携した地域づくり(観光地域づくり)の取組みを推進する必要があることから、ハード・ソフト一体となった計画に対して、国の所管の施策や事業により支援しています。
  • 観光地域の評価調査について
  • 地域再生のための観光業支援ハンドブック観光業に携わる地域の方々が、観光で地域を活性化・再生しようとする際に利用しやすい国の支援制度等を紹介するハンドブックを作成しました。
  • 東北地域観光復興対策事業東日本大震災により甚大な被害を受けた東北地域太平洋沿岸エリアの観光復興を支援しています。
  • 自治体の観光に関する状況全国の自治体の観光に関する状況について、紹介しています。
  • 各種協議会等資料 観光庁では、観光関連施策の説明や意見交換の機会として、各種協議会等を開催しています。
     このような協議会等を通じて、地域との連携強化や情報の共有を積極的に行っています。