ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
ページ本文

観光産業

旅行者ニーズに合った観光産業の高度化を支援します。
  • 旅行業法旅行業の登録制度や取引準則等を定め、旅行業等を営む者の業務の適正な運用を確保するとともに、旅行業協会の適正な活動を促進しています。
  • 第3種旅行業務の範囲の拡大について
  • 観光圏内限定旅行業者代理業観光圏整備実施計画による滞在促進地区内の宿泊業者が、観光圏内での宿泊者の旅行について、旅行業者代理業を営むことができます。
  • 登録ホテル・旅館 国際観光の振興に寄与するため、外客宿泊施設について登録制度を実施してこれらの施設の整備を図り、あわせて外客に対する登録ホテル等に関する情報の提供を促進する等の措置を行っています。
  • ニューツーリズムの振興 ニューツーリズムとは、従来の物見遊山的な観光旅行に対して、これまで観光資源 としては気付かれていなかったような地域固有の資源を新たに活用し、体験型・交流 型の要素を取り入れた旅行の形態です。活用する観光資源に応じて、エコツーリズ ム、グリーンツーリズム、ヘルスツーリズム、産業観光等が挙げられ、旅行商品化の 際に地域の特性を活かしやすいことから、地域活性化につながるものと期待されてい ます。  観光庁では、地域の特性を生かし、かつ多様化する旅行者のニーズに即した観光を 提供するニューツーリズムの振興を図っています。
  • 若者旅行の振興 近年、若者の旅行離れに関する様々な指摘がされているところ、現在及び将来における旅行市場の拡大、若者に良い旅行経験をしてもらうという観点から、若者旅行の振興を図っています。
  • ユニバーサルツーリズムについてユニバーサルツーリズムとは、すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指しています。
  • 観光産業のイノベーション促進事業 宿泊業、旅行業をはじめとする観光産業における新たなビジネスモデルの構築を支援するとともに、そのノウハウの普及・啓発を行う上での課題の抽出・問題点の整理を行っています。