ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
ページ本文

観光産業

旅行者ニーズに合った観光産業の高度化を支援します。
  • 旅行業法旅行業法は、旅行業等を営む者について登録制度を実施し、あわせて旅行業等を営む者の業務の適正な運営を確保するとともに、旅行業協会の適正な活動を促進することにより、旅行業務に関する取引の公正の維持、旅行の安全の確保及び旅行者の利便の増進を図ることを目的としています。
  • 住宅宿泊事業法
  • 観光圏内限定旅行業者代理業観光圏整備実施計画による滞在促進地区内の宿泊業者が、観光圏内での宿泊者の旅行について、旅行業者代理業を営むことができます。
  • 登録ホテル・旅館 国際観光の振興に寄与するため、外客宿泊施設について登録制度を実施してこれらの施設の整備を図り、あわせて外客に対する登録ホテル等に関する情報の提供を促進する等の措置を行っています。
  • 若者旅行の振興 近年、若者の旅行離れに関する様々な指摘がされているところ、現在及び将来における旅行市場の拡大、若者に良い旅行経験をしてもらうという観点から、若者旅行の振興を図っています。
  • 観光教育の普及に向けて  初等中等教育段階の子どもたちに、日本各地の魅力的な観光資源や今後さらに増加する観光需要等について伝え、わが国の成長背略の柱であり地方創生の切り札である観光産業への興味関心を喚起するための「観光教育」の充実を図ります。
     観光庁では、「総合的な学習の時間」等を想定したモデル授業の検証と普及事業を通じて、観光教育の重要性やその具体的な進め方等に関する認知・理解を促し、全国各地における観光教育の導入支援に努めております。
  • 宿泊施設を核とした地域の活性化促進 宿泊施設は、地域の雇用創出や活性化に大きな役割を果たしますが、訪日外国人旅行者の増大や個人旅行志向など、経営環境が変化しており、従来の経営ノウハウから脱却し、顧客ニーズを捉えた経営へと変革する必要があります。
  • ユニバーサルツーリズムについてユニバーサルツーリズムとは、すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指しています。
  • 観光産業のイノベーション促進事業 宿泊業、旅行業をはじめとする観光産業における新たなビジネスモデルの構築を支援するとともに、そのノウハウの普及・啓発を行う上での課題の抽出・問題点の整理を行っています。