ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 観光産業 > ユニバーサルツーリズムについて
ページ本文

ユニバーサルツーリズムについて

印刷用ページ

最終更新日:2016年4月11日

ユニバーサルツーリズムとは、すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指しています。

ユニバーサルツーリズム促進事業

誰もが安心して旅行を楽しむことができる環境を整備するため、地方自治体、NPO等の幅広い関係者の協力の下、地域の受入体制強化を進めるほか、旅行商品の造成・普及のための取組を実施し、ユニバーサルツーリズムの普及・促進を図ります。
[平成27年度]
■「ユニバーサルツーリズムの促進に関する効果検証」
 平成26年度までに実施したユニバーサルツーリズム促進の取組等の効果検証を行いました。また、引き続き活動強化に向けた取組が必要な地域について支援を行い、今後のユニバーサルツーリズムの更なる普及促進と自立継続的な取組拡大を図りました。
■「乳幼児連れ及び妊産婦旅行促進事業」
 ユニバーサルツーリズムの促進の一環として、乳幼児連れ及び妊産婦の旅行に関する調査・検討を行い、その結果等を踏まえ、普及促進に向けたシンポジウムを開催しました。
[平成26年度]
■「ユニバーサルツーリズム促進事業」
 地域におけるユニバーサルツーリズムの受入体制強化を図り、その取組事例をまとめた「ユニバーサルツーリズムに対応した観光地づくり事例集」を作成するとともに、ユニバーサルツーリズムに取り組む旅行業者の拡大及び消費者の認知度向上を目的としたワーキンググループを開催しました。さらに、地域や旅行業者をはじめとしたユニバーサルツーリズムに取り組む方々の参考となる「ユニバーサルツーリズムに係るマーケティングデータ」を整備しました。
■「訪日外国人旅行者向けユニバーサルツーリズム情報発信事業」
 「ユニバーサルツーリズム促進事業」の一環として、地域においてユニバーサルツーリズムに関する一元的な相談窓口として機能するバリアフリーツアーセンター等の設立や活動強化を促進していますが、2020年オリンピック・パラリンピック開催とその先を見据え、海外からの高齢者、障がい者等の受入体制を整備するため、バリアフリーツアーセンター等における多言語による情報発信を行いました。
[平成25年度]
■「ユニバーサルツーリズムの普及・促進に関する調査」
 ユニバーサルツーリズムに対応した観光地づくりを進めるため、「地域の受入体制強化マニュアル」を作成するとともに、ユニバーサル旅行商品の供給促進に向けた検討を行いました。
[平成24年度]
■「ユニバーサルツーリズム促進に向けた地域活動実態調査」
 ユニバーサルツーリズムの更なる促進を図ることを目的とし、地域における取り組みを抽出、他地域で参考となる取り組みをまとめるとともに、普及に向けたシンポジウムを開催しました。
[平成23年度]
■「ユニバーサルツーリズムにおけるサービス提供に関する調査」
 旅行の送り手側の視点に立ち、ユニバーサルツーリズムにおける旅行サービスのあり方について調査・分析を実施し、関係者全体で普及・共有を図る上での課題を整理しました。

観光に関するユニバーサルデザインについて

ユニバーサルデザインの考え方に基づく観光促進事業の一環として、観光のユニバーサルデザイン化の必要性やその効果等を広く認知してもらうための手引き集及びリーフレットを作成しています。
■観光のユニバーサルデザイン化手引き集について[平成20年3月作成]
観光に関するユニバーサルデザイン化手引き集はこちらをダウンロードください。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光産業課
TEL: 03-5253-8329