ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 観光地域づくり > ニューツーリズムの振興 > ニューツーリズム創出・流通促進事業
ページ本文

ニューツーリズム創出・流通促進事業

印刷用ページ

最終更新日:2010年7月1日

「ヘルスツーリズム」、「産業観光」等の新しい旅行商品の創出と流通を促進するため、実証事業の実施や、実証事業実施後の追跡調査等により得られたニューツーリズム旅行商品化の留意点等をまとめたガイドラインの策定を行っています。

背景

国内旅行需要の拡大のためには、旅行ニーズの変化、とりわけ「体験型」「交流型」旅行のニーズの高まりを踏まえ、地域資源を活用した新たな形態の旅 行商品(長期滞在型観光、エコツーリズム、ヘルスツーリズム等の「ニューツーリズム」旅行商品)の創出と流通を促進することが必要です。

しかしながら、こうした旅行商品については、

  1. 新たな形態の旅行商品であるが故に、具体的な旅行者ニーズに関する情報や成功事例の蓄積が十分でなく、地域の観光関係者がその創出に取り組みにくい
  2. 魅力ある旅行商品が創出されたとしても、商品を造成した地域の観光関係 者には幅広な販売チャネルはなく、また、幅広い販売チャネルを有する旅行業者等に とっても地域に点在する(多品種・小ロットの)旅行商品を発掘することは多大なコストがかかるため、流通しにくい

等の問題があります。

そのため、旅行者ニーズの把握や、旅行商品の流通に向けたノウハウの蓄積が必要です。

事業の概要

地域資源を活用した「ニューツーリズム」旅行商品の創出に向けて地域の観光関係者が行おうとする取り組み(モニターツアー)の構想を公募・選定し、国が旅行者ニーズの把握等に要する経費の一部を負担しつつ、実証事業を実施しました。
また、各地域で実施した実証事業及び実証事業後の追跡調査等により得られた旅行者ニーズの把握方法及び旅行商品の効果的な流通等に関する成功事例を取りまとめ、各種の旅行形態ごとに、旅行商品化を進めるための留意点等をまとめたガイドラインを策定しています。
※ポイント集の個別ページについては、「ポイント集の構成」からダウンロードできます。

ポイント集の構成

表紙
目次
1. ポイント集の概要
   1-1 ポイント集作成の背景
   1-2 ポイント集作成の目的
2.ニューツーリズムの概念
   2-1 ニューツーリズムの概念
   2-2 ニューツーリズムのカテゴリー
3.ニューツーリズム旅行商品の創出・流通 【概論編】
   3-1 観光資源の発掘・活用
   3-2 商品化に向けた体制
   3-3 商品化とマーケットへの訴求
4.ニューツーリズム旅行商品の創出・流通のポイント 【事例編】
   4-1 観光資源の発掘・活用
   4-2 商品化に向けた体制
   4-3 商品化とマーケットへの訴求
   4-4 実証事業後の商品化及び体験プログラム化の取組事例
参考資料: 「ニューツーリズム創出・流通促進事業」実証事業について

 

このページに関するお問い合わせ
観光庁観光産業課
TEL: 03-5253-8329