ページトップ

[本文へジャンプ]

観光庁
観光統計を活用した実証分析に関する論文
ページ本文

観光統計を活用した実証分析に関する論文

印刷用ページ

最終更新日:2013年7月1日

 観光庁では、次世代を担う観光政策の研究者・実務者の研究を奨励するとともに、観光施策の企画・立案及び成果検証における観光統計の積極的な活用を促進することを目的として、「観光統計を活用した実証分析に関する論文」の募集を平成21年度から平成23年度まで実施しました。ここでは受賞論文を紹介します。

第1回「観光統計を活用した実証分析に関する論文」(平成21年度)

1.論文の募集

  募集は終了しました。

2.表彰論文の決定

  応募のあった16編のうちから、厳正なる審査の結果、観光庁長官賞(2編)及び審査委員会奨励賞(1編)を次のとおり決定しました。
      •受賞論文内容[PDF]及び審査委員会による全体講評 [PDF]
 

  長官賞
    【受賞者】山陰観光経済分析グループ(グループ応募:5名)
            山根 啓典,佐藤 啓輔,吉野 大介/復建調査設計株式会社
            小池 淳司/鳥取大学大学院工学研究科准教授
                村上 享 /松江工業高等専門学校数理科学科准教授
    【主 題】観光統計を活用した地方の観光構造に関する空間分析
           ~越境圏での観光特性分析および交通インフラ整備による観光経済分析を例に~
    【受賞論文】 要約 [PDF] 全文[PDF] 

  長官賞
   【受賞者】清水 哲夫/東京大学大学院工学系研究科准教授
   【主 題】地域連携効果を考慮した訪日外国人宿泊数予測モデルの構築
   【受賞論文】 要約 [PDF] 全文[PDF]

  審査委員会奨励賞
   【受賞者】朝倉 俊一/株式会社ドーコン
   【主 題】北海道における宿泊者数の季節変動に関する考察
   【受賞論文】 要約 [PDF] 全文[PDF]

第2回「観光統計を活用した実証分析に関する論文」(平成22年度)

1.論文の募集

  募集は終了しました。

2.表彰論文の決定

 応募のあった17編のうちから、厳正なる審査の結果、観光庁長官賞(1編)及び審査委員会奨励賞(2編)を次のとおり決定しました。
      •受賞論文内容[PDF]及び審査委員会による全体講評 [PDF]

  長官賞
  【受賞者】地域観光マネジメントグループ(グループ応募:3名)
       平井 健二・吉野 大介/復建調査設計株式会社
       小池 淳司/鳥取大学大学院工学研究科准教授
  【主 題】宿泊旅行統計を活用した観光施策評価手法の適用可能性に関する分析
        ~ソフト施策を対象としたケーススタディ~
  【受賞論文】要約 [PDF] 全文[PDF]

  審査委員会奨励賞
  【受賞者】矢部 直人/首都大学東京 都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース 助教
  【主 題】都道府県間流動データによる国内宿泊旅行圏の設定と休暇分散効果の検証
  【受賞論文】要約 [PDF] 全文[PDF]

  審査委員会奨励賞
  【受賞者】平井 貴幸/東京国際大学大学院経済学研究科博士後期課程
  【主 題】国際観光テーマ地区の外客誘致パフォーマンス
        ― DEAによる計測とその評価 ―
  【受賞論文】 [PDF] 全文[PDF]

第3回「観光統計を活用した実証分析に関する論文」(平成23年度)

1.論文の募集

論文の募集は終了しました。

2.表彰論文の決定

今回応募のあった7編のうちから、審査委員会の厳正な審査の結果、観光庁長官賞2編を決定しました。

長官賞
 【受賞者】三好健太郎 / まちづくりプランナー
 【主 題】地方における観光消費に対応した産業クラスター形成に関する考察     
       -大分県における観光消費に伴う波及効果と流通実態を中心事例として-  
 【概 要】観光地から周辺地域への波及効果による広域的な産業圏形成の仮説について大分県を中心事例とした分析
 【受賞論文】要約 [PDF] 全文[PDF]

長官賞
 【受賞者】大井達雄 / 和歌山大学・観光学部 研究者(准教授)
 【主 題】宿泊旅行統計調査による季節変動に関する一考察
 【概 要】宿泊旅行統計調査を利用した季節変動に関する特徴と問題点の考察と実証分析 
 【受賞論文】要約 [PDF] 全文[PDF]

※ 審査委員会奨励賞は該当なし。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光戦略課調査室 田嶋、山田
TEL: 03-5253-8111(内線27-216、27-204)