ページトップ

[本文へジャンプ]

統計情報・白書
観光庁ホーム > 統計情報・白書 > 統計情報 > 観光統計コラム
ページ本文

観光統計コラム

印刷用ページ

最終更新日:2014年8月14日

観光統計に関する情報を、コラム形式でわかりやすく紹介します。

観光統計コラム 「知って得する観光統計」

観光統計コラムロゴ
 「知って得する観光統計」にようこそ。
 ここでは、「観光に関するデータ」を使ってどんなことができるのかということを、コラム形式でわかりやすくご紹介していきます。一見とっつきにくい統計情報ですが、うまく使えばおもしろいデータがたくさん詰まった「宝の山」なのです。
 皆さんが統計データを活用される上での参考になれば幸いです。

 皆さんも、「こういうことはできないか」とか「こんな使い方もあるよ」といったご意見がございましたら、ぜひ担当までお寄せください。

 本コラムの基本的なコンセプトについては、第1回 観光をサイエンスしましょう!をご覧ください。

最新のコラム

ある中国人女性Aさんの訪日体験記
~訪日外国人消費動向調査によるペルソナ分析~
 私は、中国の浙江省からやってきました、Aと申します。年齢ですか?女性に向かって失礼ですね。40代前半とだけ言っておきましょう。
 今回が初めての日本旅行です。職場の同僚と観光目的のツアーでやってきました。滞在日数は7泊8日で。主な滞在先は大阪です。
 今回の旅行に関する情報は事前にインターネットで集めました。今回は旅館にも泊まりましたが、基本的に宿泊先はホテルでした。
 日本では、自然・景勝地観光をしたり、四季を体感したり、日本食を食べたり、日本の生活文化体験をしたりしました。旅館宿泊と生活文化体験は期待通りでしたが、あとは正直期待はずれでしたね。
 でも、その分ショッピングは張り切りました!滞在中に使ったお金は約20万円です。買い物をした場所は、百貨店、家電量販店、空港の免税店、観光地の土産物店です。
 買ったモノは、お菓子や化粧品・トイレタリー製品などです。
 でも、今回買ったモノの中で一番満足したのは炊飯器です!3万7千500円もする炊飯器を2台も買っちゃいました。何で、日本で炊飯器を買うのかですって?そりゃあ「日本製だから」ですよ。ちゃんと表示を見て確認しました。
 因みに主な支払い手段は銀聯カード(デビットカード)です。
 日本滞在中は、空港の観光案内所、その他の観光案内所、そしてインターネットで情報を集めました。あれば便利だなって思った情報は、宿泊施設、飲食店、土産物店、買い物場所についての情報です。
 また日本に来たいかって?うーん、それは何とも言えないですね。今回の旅行の満足度は、普通といった感じですから。
 でも、また来るとしたら、また日本食を食べて、自然・景勝地観光をしたり四季を体感したりしたいです。
 ある中国人女性Aさんの訪日体験記、いかがでしたでしょうか。実はこの体験記はフィクションです。しかし、この話に記載された事項はすべて訪日外国人消費動向調査の調査結果に基づいた事実に沿って書いた、限りなく事実に近いフィクションです。
 このAさんが中国人訪日観光客の平均像というわけではありません。しかしながら、この、観光そのものよりも買い物に満足を感じているAさんの行動パターンは、ある典型的な中国人観光客の姿を現しているとも言えます。
 この調査の大きな特徴の一つが、購入した商品の中でもっとも満足したモノを具体的に聴取しているという点にあります。また、その単価・購入個数、そして満足した理由も併せて聴取しています。満足したモノは自由回答形式で聴取していますので、様々な消費行動を極めて具体的に把握することができます。(表1)は具体的に挙げられた「満足したモノ」の一部ですがこれを見ただけでも、いかに訪日外国人観光客が多様な消費行動をしているのかということがわかります。
 こうした消費行動は、統計処理をした属性情報に紐付いた数字を分析するだけでも、一定の範囲で把握できます。
 しかしながら、より深くかつ具体的なイメージをもって消費行動を理解するためには、典型的な観光客の旅行行動も含めた動態を把握することが必要です。観光庁では、訪日外国人消費動向調査の結果を活用し、こうした動態が少しでもイメージいただけるような分析も行っております。ぜひ、マーケティングや地域振興に関わるみなさま方にお役立ていただければ幸いです。
統計グラフ1
今回のコラムで使用した統計は…訪日外国人消費動向調査

執筆者:神山 裕之
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光戦略課調査室
代表 03-5253-8111(内線27-216)
e-Mail:statistical_column@mlit.go.jp