ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2013年 > 2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催地として東京が選出されたことに関する観光庁長官コメント
ページ本文

2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催地として東京が選出されたことに関する観光庁長官コメント

印刷用ページ

最終更新日:2013年9月10日


2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催地として東京が選出されたという嬉しいニュースを聞いて、日本国民としてこの上ない感動と喜びを感じています。招致に向けて尽力されてきた関係者の皆様に深く敬意を表します。

前回の東京オリンピック競技大会が開催された1964年当時、私は小学生でしたが、日本全体が高揚感に満ちていたのを今でも鮮明に覚えております。今回の決定は、次世代を担う子どもたちに、私自身が経験した感動や喜びを体験してもらえるという意味において、前回以上の嬉しさがあります。

今回の東京決定は、訪日外国人旅行者数2,000万人の高みを目指す日本の観光にとって強力な追い風となると考えています。開催年である2020年まであと7年間あり、それまでの間、「東京」、そして、「日本」に世界中からの注目が集まることになります。加えて、今後、2020年までの間に、各種のオリンピック・パラリンピックのプレ大会の開催や、外国人選手の日本各地でのトレーニングキャンプが行われることも予想されます。

観光庁としては、政府の一員として、開催に向けた準備を着実に進めることはもちろん、訪日旅行促進の絶好の機会を逃すことのないよう、関係府省庁、地方自治体、民間企業など官民一体となったオールジャパンの体制の下、オリンピック・パラリンピック開催国という国際的注目度を活かして日本の魅力を発信するとともに、訪日外国人の受入れ環境の整備を促進してまいります。


観光庁長官 久保 成人