ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2010年 > 「休暇取得の分散化に関する地方説明会」を開催しました! ~「休暇」のあり方について地域の皆様から幅広いご意見を伺いました~
ページ本文

「休暇取得の分散化に関する地方説明会」を開催しました! ~「休暇」のあり方について地域の皆様から幅広いご意見を伺いました~

印刷用ページ

最終更新日:2010年7月7日

 観光庁においては、観光立国の実現を目的とする施策の一つとして、「休暇取得の分散化」を掲げており、現在、政府の観光立国推進本部において具体策の検討が進められております。
 休暇取得の分散化は、観光振興による地域活性化に大きなメリットが期待されるものですが、国民生活に密着したテーマであり、経済・社会・地域に与える影響を考慮する必要があることから、産業・労働・教育など幅広い観点から意見交換を行うことが重要であると考えております。
 このため、今般、休暇取得分散化の意義・メリットについてご説明を行うとともに、地域の関係者の皆様と率直な意見交換を行うため、地域ブロックごとに休暇取得の分散化に関する説明会を開催しましたのでお知らせします。
 いただいたご意見は、今後の具体的な制度設計の検討材料の一つとして活用する予定でおります。

1 開催日時等   平成22年4月27日(火)~6月9日(水)
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光経済担当参事官付
渡邊、宮本、北川、根岸
代表 03-5253-8111
(内線27-211、27-202、27-203、27-220)