ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2010年 > F1日本グランプリ決勝にて、馬淵国土交通大臣が表彰式プレゼンターを行いました!!
ページ本文

F1日本グランプリ決勝にて、馬淵国土交通大臣が表彰式プレゼンターを行いました!!

印刷用ページ

最終更新日:2010年10月15日

 10月10日(日)のF1日本グランプリ決勝にて、馬淵国土交通大臣が1位のセバスチャン=ベッテルに優勝杯を渡しました!
日本において、現役閣僚がプレゼンターを務めることは初めてで、F1GPを貴重な観光資源と捉えて今後も観光庁が連携していく姿勢を内外にアピールしました。

 レースは我らが“スポーツ観光マイスター”の小林可夢偉選手が素晴らしいオーバーテイク・ショーを魅せてくれて、世界中から詰めかけた9万6千人の観客を大いに沸かせてくれました!!

 観光庁としても、日本が世界に誇れるスポーツ観光資源及び国家セールスの場として、今後もF1日本GPと密接な連携を取ってまいります!
formula one
このページに関するお問い合わせ
観光庁スポーツ観光推進PT
谷岡
代表 03-5253-8111(内線27-116)
直通 03-5253-8322