ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2014年 > 御嶽山の噴火に伴う観光への影響及び対策について
ページ本文

御嶽山の噴火に伴う観光への影響及び対策について

印刷用ページ

最終更新日:2014年10月14日

 1. 観光への影響について

【宿 泊】

  • 直接被害が発生した木曽地域以外でも、長野県南信地域(木曽地域以 外)、東信地域、岐阜県内等で宿泊キャンセルが発生。
  • ただし、宿泊団体に確認したところ、通常でもある程度のキャンセル が生じるとのことで、これらのキャンセルが、全て噴火を理由としたも のか否か不明。

【ツアー】

  • 御岳ロープウェイの運休に伴うキャンセルの情報がある(2,000 名以上)が、他地域のツアーのキャンセル情報はない。

 

2.当面の風評被害対策について

  1.  被害発生直後より関係団体等から頻繁に情報を収集
  2.  被災した地域の意向を踏まえた上で、現地に関する正確な情報を発信
  3.  旅行業者に対し正確な情報提供を図るよう要請
  4.  訪日外国人に向けても、JNTO(日本政府観光局)のWEBサイト等を通じ、御嶽山噴火に関する正確な情報を発信といった取組を通じて、観光に関する風評被害の防止に努めているところ。


                                                                               

このページに関するお問い合わせ
観光庁総務課 井上
代表 03-5253-8111(内線27-121)