ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2017年 > 兵庫県篠山市の古民家再生による観光まちづくりの取組、同県多可町のバス停移設予定地を藤井政務官が視察
ページ本文

兵庫県篠山市の古民家再生による観光まちづくりの取組、同県多可町のバス停移設予定地を藤井政務官が視察

印刷用ページ

最終更新日:2017年4月11日

 藤井政務官は、平成29年4月3日(月)、兵庫県篠山市の古民家再生・活用による観光まちづくりの取組、同県多可町のバス停移設予定地を視察しました。
 集落丸山及び篠山城下町において、地域で観光まちづくりに取り組む方々との意見交換を行いながら、古民家を改修した宿泊施設や改修候補物件などを視察しました。
 多可町のバス停移設予定地においては、バス停移設前後の運行ルートの確認を行いました。
集落丸山を視察する藤井政務官
集落丸山を視察する藤井政務官
篠山市長と古民家再生による観光まちづくりや<br>景観まちづくりについて意見交換する藤井政務官
篠山市長と古民家再生による観光まちづくりや
景観まちづくりについて意見交換する藤井政務官
二階町における改修候補物件を視察する藤井政務官
二階町における改修候補物件を視察する藤井政務官
多可町加美区西山の移設前バス停を視察する藤井政務官
多可町加美区西山の移設前バス停を視察する藤井政務官
バス停の移設予定地を視察する藤井政務官
バス停の移設予定地を視察する藤井政務官