ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2009年 > 平成20年度版「観光白書」が閣議決定されました
ページ本文

平成20年度版「観光白書」が閣議決定されました

印刷用ページ

最終更新日:2009年6月2日

 平成21年6月2日(火)の閣議において、観光庁発足後初の「観光白書」として、平成20年度版「観光白書」が閣議決定されました。
 
 今年度の観光白書では、国内旅行に関する動向と課題をテーマとしています。 「若年層」、「家族層」、「団塊世代」を重点ターゲットに設定し、旅行に対する意識や旅行回数の減少要因、旅行をより身近に感じてもらうためにはどうすればいいかなど、それぞれの世代についてアンケート調査等による分析を行いました。
 その他、昨年10月に観光庁が発足したことや、観光の現状及び今後の施策について報告をしています。
 
 以下のリンク先より平成20年度版「観光白書」の概要をご覧になれます。
 
なお、平成20年度版「観光白書」については6月中の販売を予定しております。政府刊行物センターや大手書店、インターネット書店等でお求めになれますので、ぜひご活用ください。
このページに関するお問い合わせ
 観光庁観光経済担当参事官付
   本宮、嶋村、畑、高石、井熊
        代表 03-5253-8111(内線 27202、27-213、27-218、27-215、27-217)
        直通 03-5253-8325