ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2009年 > 第1回インバウンド医療観光に関する研究会の開催
ページ本文

第1回インバウンド医療観光に関する研究会の開催

印刷用ページ

最終更新日:2009年7月14日

 観光庁では、訪日外国人2,000万人時代の実現へ向け、さらなる訪日外国人旅行の促進に取り組んでおります。
 海外から患者を呼び込むインバウンド医療観光は、訪日魅力の一つであり、今般、ネットワーク作り・障害の除去等受入体制整備を目的とし、課題の整理や今後の方向性の検討を行うべく、「第1回インバウンド医療観光に関する研究会」を以下のとおり開催いたしますので、お知らせいたします。                 
 
1.日   時: 平成21年7月22日(水) 16:00~18:00
 
2.場   所: 中央合同庁舎2号館1F 共用会議室2A・2B
 
3.出席者: 別紙参照
 
4.議題(案):
  ・諸外国事例紹介
  ・課題についての意見交換
 
(注)
 本研究会は傍聴可(事前登録要)、カメラは頭取りのみ。
 傍聴/取材を希望される場合、別紙「傍聴/取材申込用紙」に必要事項記入の上、7月21日(火)12:00までにFAXでお申込ください。
  会場の関係から、入室人数に制限があります(先着30名様まで)のでご了承ください。
このページに関するお問い合わせ
 観光庁国際観光政策課
   廣岡、子安
      代表 03-5253-8111(内線27405、27411)
      直通 03-5253-8324