ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2012年 > 日本旅館協会は12月1日から「外国人宿泊客サポート費用保険」を通じた電話通訳サービスを提供します
ページ本文

日本旅館協会は12月1日から「外国人宿泊客サポート費用保険」を通じた電話通訳サービスを提供します

印刷用ページ

最終更新日:2012年9月26日

訪日外国人3000万人プログラムの達成には、海外市場でのプロモーション事業と並んで、国内における受入環境の整備が重要ですが、受入側の環境については整備が遅れている部分が多く、対応が喫緊の課題となっています。
今回、日本旅館協会(国際観光旅館連盟と日本観光旅館連盟が合併して、10月1日から日本旅館協会となります)において、「外国人宿泊客サポート費用保険」を会員に向けて募集開始することとなり、外国人宿泊客のための24時間365日5カ国語対応の電話通訳サービスを提供できるようになります。
観光庁としても引き続き、国・地方公共団体・民間事業者等が連携し、海外プロモーションを実施して訪日外国人旅行者の訪問を促進するとともに、訪日外国人旅行者の受入環境の整備・充実を総合的に推進することで、全国的に訪日外国人旅行者が安心して快適に移動・滞在・観光することができる環境を提供し、満足度を高め、リピーターの増加を図ることを目指して、取り組みを進めていきます。
■「外国人宿泊客サポート費用保険」のポイント
比較的少額の費用負担で外国人旅行者の医療機関での電話通訳費用がカバーされ、そのうえ、付帯サービスとして日常的な通訳も無料提供されるものです。
医療通訳を含む電話の受け渡しによる通訳サービスが提供されることで、宿泊施設は安心して外国人旅行者を受け入れることが出来るようになります。
1.対応言語
  英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語
2.内容
 (1)補償内容
   [1]医療機関における医師、看護士らと外国人宿泊客の電話通訳費用
   [2]医療機関まで往復した公共交通機関の交通費(上記[1]の費用が発生した場合に限る)
 (2)付帯サービス
   日常的な電話通訳
3.補償開始時期
  2012年12月1日(土)より
このページに関するお問い合わせ
【問い合わせ先】
観光庁国際観光政策課 武井
代 表 03-5253-8111(内線27405)
直 通 03-5253-8324
FAX 03-5253-1563
【制度に関する問い合わせ先】
・日本旅館ホテル事業株式会社 中村、町野  03-5298-2191
・株式会社ブリックス 経営管理部 大坂 03-5366-6001(Mail:press@bricks-corp.com)